« 西大崎の家 基礎終了 | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 七拾七 山の怖さ »

2016年5月 3日 (火)

「て・こあ」でのある一日 七拾六 春の味2

Dscf3890何のために道路を横断するのか?

この季節になると・・・
道路を横断する黒い影・・・

熊のような毛虫で、この子をよけるため近くを見る運転になり・・・気をとられます。

Dscf3911今年は太い物が多くとれる。

先回申し上げたとおり今年は「表」の年で、型の良いタケノコがたくさんとれます。
ちょっと入っただけでもう処理できないほどの掘れます。

Dscf3906マムシもいる裏山竹藪で採取。奥に「て・こあ」が見える。

今年一人暮らしを始めた家族も連休に帰郷して「て・こあ」でタケノコ取りで汗を流します。五本も掘れば汗だくになりますね。

Dscf3912煮卵、ウズラ、ソーセージ、ちくわ、チーズ

タケノコを煮ている間・・・燻製をつくります。素材はオーソドックスなものですが、メインのチーズが溶けてしまい、その煙で燻製が少々失敗・・・。少し残念でしたが、手作りの燻製器をみんなで造りその方が今回は印象的になりました。

|

« 西大崎の家 基礎終了 | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 七拾七 山の怖さ »

築100年の「て・こあ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西大崎の家 基礎終了 | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 七拾七 山の怖さ »