« 高崎の家 上棟検査終了 | トップページ | 「緑の家」の神髄は「時間(とき)」にあり・・・ »

2016年5月26日 (木)

カビと薬剤?通風? その2

041

016_2

2年経っても変わり無いこの部分のカビ・・・

とても強い防かび物質か、紫外線に負けない防かび物質か、それとも連続供給されているのか・・・。

Dscf2990

比較してわかる時もあります。そこで小屋裏にセルロースファイバーを使わない時の「緑の家」の小屋裏換気口を持つ家の写真を上に載せます。

全くと言ってよいほど影響はないように見えます。

Dscf2983

吹き出し口周辺だけカビが防がれている感じが一切ありません。

これは小屋裏に使用した断熱材がセルロースファイバーでは無く、高性能フェノールフォームという断熱材です。

一方拙宅の小屋裏は吹き込みグラスウールでやっぱりセルロースファイバーは使っておりません。すると・・・変化は見られません(↓写真)。

Dsc09412矢印部分が小屋裏換気口

Dsc09406冬期は閉じているが夏季は開ける所が矢印の小屋裏換気口。

変化無しですね。

セルロースファイバーを使った家だけが変化があります(今の所)。もっと多くの検証が必要ですが、仮説をたてると・・・

セルロースファイバーは新聞紙でできているので、虫害を防ぐ為にホウ酸塩が大量に添加されます。しかしホウ酸は常温で揮発しない素材ですからこれが原因とは考えにくい・・・。となると新聞紙ですからインク?が大量に入っておりこれには揮発成分もあるでしょう。これが防かび性を持っており、この成分とセルロースファイバーの微細埃についているホウ酸塩が換気口から屋外にでて外壁についてそれが防かび作用を発揮し続けているのだとと思われます。

|

« 高崎の家 上棟検査終了 | トップページ | 「緑の家」の神髄は「時間(とき)」にあり・・・ »

カビ 通風」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高崎の家 上棟検査終了 | トップページ | 「緑の家」の神髄は「時間(とき)」にあり・・・ »