« 10年後の換気システム | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 六拾七 工房 »

2015年9月16日 (水)

西裏館3丁目の家 配筋検査

Dscf8012

事務所で仕事をしていると窓越しに丸い光の点が・・・。

花火ですね。もう秋なのに・・・名残花火です。

Dscf7984最近キャリバーの代わりにシチズン製の温湿度計で代用している。概ねキャリバーより数度高めの湿度を示す。

事務所は先週から窓全開で仕事中。午前中は25度湿度47%で、夕方も・・・

Dscf8011温度のバラツキが有るのに湿度はなぜか同じ。黒い表面の方が少し高い温度になる。

25度で湿度50%と殆ど変わりなし・・・。もう真夏の高湿の空気になる事はありません。今週の最低気温は17度以下で私の秋風予想は当たりますと自画自賛。

ホント最高に心地よい季節です。どんどん窓を開けましょう。但し稲系の草のアレルギーが有る方は最低な風です。マスクをして乗り切りましょう。多分後2週間で窓をあけることが出来ないくらい冷えてきますよ。通風はそんな超短期間の楽しみです。

Dscf8005

さて昨日は西裏館の家の配筋検査・・・。
継ぎ手長さに若干手直しがありましたが概ねOkでした。

Dscf8007 この目の細かいスラブ配筋と構造区画。「緑の家」の基礎らしいです。
Dscf8006地中梁もしっかりと・・・。

|

« 10年後の換気システム | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 六拾七 工房 »

事務所内外、ご近所 寺泊から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10年後の換気システム | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 六拾七 工房 »