« 事務所では既に空調開始 | トップページ | 工事監理の反省 »

2015年6月 2日 (火)

「て・こあ」でのある一日 五拾八 筍 その2

Dscf2600人が勝手に日本に持ち込みそして都合が悪くなると今度はそれを排除と人のワガママで翻弄される花たち。それでも花は綺麗です。

「て・こあ」では週替わりに迎え花がかわります。今週はオオキンケイギク。ただし、2006年に外来生物法 に基づき特定外来生物 として栽培・譲渡・販売・輸出入などが原則禁止されておりますから取り扱いには気をつけないと法を守ることが出来ません。今回は勝手に「て・こあ」の庭に生えたもを生け花にしております。

Dscf2597

Dscf2599 「て・こあ」の庭ではヘビイチゴが盛り。

5月からはベリーの季節。様々なベリーが野原を飾ります。こちらはヘビイチゴ。見た目は綺麗ですがまずくて食べられません。一番おいしい草イチゴは最盛期、これからはモミジイチゴが旬です。

Pict0234 左が草イチゴ、右がモミジイチゴ。草イチゴはこの大きさなら絶品(ワイルド)。

Dscf2589「て・こあ」裏山に生える最後の筍。もう食には適さない・・・。

Dscf2592それでも2本穂先だけ食べるようとして確保。


|

« 事務所では既に空調開始 | トップページ | 工事監理の反省 »

築100年の「て・こあ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事務所では既に空調開始 | トップページ | 工事監理の反省 »