« 春へのうつろい | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 五拾参 蕗の薹 »

2015年2月22日 (日)

「て・こあ」でのある一日 五拾弐 米のケーキ

Dscf1043今回の米粉スイーツは生クリームでバースデーケーキに・・・

「て・こあ」でのアトリエラボ スイーツはなかなかの仕上がりになってきました。


Dscf1038抹茶のケーキ

米 粉で造ったシフォンケーキと小麦で造った同じレシピ(甘みなど)の食べ比べをすると・・・

小麦は何時もの食感でシフォンケーキ・・・
一方米粉は食感は小麦のそれとは別物ですがそれなりにおいしい・・・。

そして決定的に違うのが、

後味・・・

小麦は飲み込むと舌に小麦の味がのこります。丁度食パンを食べたときのようにパンに近い味が残りますが、米粉の方は純粋にスイーツの甘さだけがほのかに残ります。この感覚がオーナーの心に触れたようで更に米粉に邁進して完成度を高めているようです。

完成したらオーブルデザインでも取り扱おうと思っております。

|

« 春へのうつろい | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 五拾参 蕗の薹 »

築100年の「て・こあ」」カテゴリの記事

コメント

>米粉の方は純粋にスイーツの甘さだけがほのかに残ります。

子供のアレルギーで、米粉のパンなどを探していた時期がありました。(今は大丈夫ですけど)その際に、対アレルギーという視点からしか見ていませんでしたけど、こんな良さもあるのですね。

楽しみです。!

投稿: とうちゃん | 2015年2月24日 (火) 08時26分

コメントありがとうございます。

小麦と違う米粉らいいスイーツができると良いと願っております。 (*^-^)

投稿: オーブルの浅間です。 | 2015年2月24日 (火) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春へのうつろい | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 五拾参 蕗の薹 »