« 新たなコンデジ | トップページ | 続2・自然素材は何もしないと最後は黴びる »

2014年12月25日 (木)

「て・こあ」でのある一日㊼ 久しぶりの連休

Dscf0068_2フジのXF1でマクロ撮影。

Dscf0067土間の薪ストーブ前で食べる昼食。心からだともに温まる。

おいしそうでしょう。「て・こあ」の管理人さんの差しいれ・・・昼食です。 このミカンはなんと・・・寺泊のご近所さんが当地で育てたミカンでミカンの北限を越えているのでは?と思って食べるとその甘さに凍った体がときほぐされます。  

Dscf0063結露した水蒸気が白く立ち上る・・・

また雪が降りここは山奥ですか?なんて様相の「て・こあ」です。

Dscf0075落雪型の下屋の雪が薪小屋を覆う

薪小屋が雪に埋まり大変な状態で横から薪を取り出し「て・こあ」に火を入れます。

裏山の木が雪で倒れそうになっていたのでロープでひっぱり倒しきります。これで一安心。

裏山は狸かハクビシンかの足跡があり早い深雪にびっくりしているようにあちらこちらに飛び跳ねております

Dscf0088裏山の獣道・・・。杉ッパと雨だれの跡にの他・・・

Dscf0089可愛い足跡が・・・

ふと振り返ると「て・こあ」の屋根は完全に雪の下・・・ソーラー発電は当面「0」です。

Dscf0094北面はトタン(三条ではアタンという)で覆われている。

Dscf0083

山から下りてきて井戸の水をくみ上げ冬期間中は井戸サライを少しずつ行います。

Dscf0082

次の日は晴れて日差しが時折差し込む・・・雪の反射が眩しい冬ごもり中の「て・こあ」の1日です。

|

« 新たなコンデジ | トップページ | 続2・自然素材は何もしないと最後は黴びる »

築100年の「て・こあ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たなコンデジ | トップページ | 続2・自然素材は何もしないと最後は黴びる »