« 新大ラボ 光の3原色と植物 | トップページ | 石上の家 基礎工事 »

2014年10月23日 (木)

LED電球の寿命・・・5年経過で寿命

Dsc05236 この季節と言えば芋煮・・・その他頂いたピーマン、自前のにんじんの糠漬け

今日の朝ご飯です。無論昨夜は三条に泊まっておりましたから事務所で自炊しました。

さて本題は・・・

2009年10月頃購入したLED電球が寿命を迎えました。

数日前から、点け初めは普通なのですが数分するとちらつきが出始めたため、これは基盤の寿命かなと思い外しました。

Dsc05232 後ろの箱は同時期にかったもののであり、ワット数だけが違うもの。

Dsc05239 表示を見ると2009年の第11周製造と思われる。

無名メーカーのLEDは2009年よりさらに2年近く前から使用しておりましたが、大手メーカー品のLED電球は2009年の9月に初めて購入しました。その時の記事は・・・
http://arbre-d.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/led-445c.html
です。その後直ぐに買い足したのが上の電球です。

・・・当時は4000円/個だったLEDも今は2000円/個になり、多くの家でLED電球が少なくとも1個はあろうかと思います。当時の4000円はその消費電力の少なさと寿命の長さで自分を納得させないと手が出しにくい価格です。また明るさは60W相当と言えども正面のある部分だけにおいて事であり、スポットライト以外に使うと不満の残るものでした。今はある程度改善されております。
そして寿命・・・実はこれが今日の話題ですが、この写真のLED電球は多分、

1日8時間×365×5年間=14600時間

しか使っておらず仮に多く見て1日10時間としても18000時間です。当時言われていた40000時間にの半分も満たない・・・もしこれがこの一個だけでなく全体の平均的なものであったなら・・・それは大変残念です。LED電球は今でも大手メーカー品は2000円以上しますが、それが15000時間で寿命となると、本当に経済的かどうか不明です。あるサイトでは、LED自身は40000時間の寿命であっても、電源部(蛍光灯のように基盤等がある所)は蛍光灯と同じだと記されております。確かに裸電球(シリカ電球)とは違い、蛍光灯もLEDも電源基盤を持っており、特にLEDは交流を素直な直流にするという変換がネックとなります。この部分の寿命がLEDより遥かに短いとなると、商品パッケージに

Dsc05240 箱は保管していた同時期に〃メーカーから買ったもの。箱の保管は自作パソコンする人にはよくある習慣。

Dsc05234設計寿命は40000時間とあるが、製品寿命ではないと書いてある。

「表示は光束部(LEDのみ)設計寿命であり、製品の寿命を保証するものではありません」

とあることはLED自身の寿命かなと多少理解できますが、他方に

Dsc05233上の裏面にはこのような宣伝がある。

「1日10時間の仕様でも10年以上の長寿命・・・」

 

と書いてあれば

 

10時間×365日×10年=36500時間となり製品として40000時間を期待します。

さて、同時期に購入した箱の方のLED電球はまだ大丈夫ですが、壊れた方を優先して使用していたので、こちらの方があと1年で壊れれば、lこの頃のLED電球の寿命は20000時間以下と言ってもよいと思います。

一般家庭では1日10時間も使う電球は少ないと思います。多分・・・4時間くらいとすると20000時間到達までは14年もかかり、その頃には何時買った電球か忘れるでしょうからクレームになりませんが、事務所や事業所では24時間点きっぱなしの所も多くありますからそうなると2年~3年で寿命となり、設計寿命との乖離がわかり易くなってしまいます。

さてどうなるか・・・。

|

« 新大ラボ 光の3原色と植物 | トップページ | 石上の家 基礎工事 »

家の論評、業界裏話」カテゴリの記事

コメント

我が家の玄関照明は帰宅時に手が届きにくいので、つけっぱなしでも平気なようにとLED電球にしたのですが・・・1年くらいで壊れてしまいましたSHARP製で結構な値段だったと記憶しています。
単価が高いと不良品だった時のダメージも大きいので、それ以来LED電球は買っていません。まさか電球に3年保証や5年保証などないでしょうし・・・。

投稿: ウチダ | 2014年10月23日 (木) 13時21分

ウチダ様

 コメントありがとうございます。

>単価が高いと不良品だった時のダメージも大きいので、それ以来LED電球は買っていません。まさか電球に3年保証や5年保証などないでしょうし・・・。

全くです。一年ならまだ保証期間かと思いますが、3年、5年なんて馴染まないギリギリの金額かもしれません。せめて設計寿命の1/2以上はほしいところです。

LEDは当初から照度が少ないという照明としては致命的な欠陥を持ちながら、政府の後押し(当時のエコポイントの商品対象とされていた)もあって普及しましたが、今度は寿命問題がでそうです。

投稿: オーブルの浅間です。 | 2014年10月23日 (木) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新大ラボ 光の3原色と植物 | トップページ | 石上の家 基礎工事 »