« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

専門家の責任・・・

沢山の報道がなされているように活火山が水蒸気爆発をおこし、多数の人命が奪われる事になりました。辛い事です。火山が爆発したその当日、いち早く火山噴火予知連絡会の会長が「予測は困難」とコメントしました。・・・正直でよろしい・・・しかしカミングアウトが遅すぎました。

続きを読む "専門家の責任・・・"

| | コメント (0)

2014年9月27日 (土)

基礎断熱と床下暖房 その断熱材の施工方法

21_22014年の建築学会の報告された論文。九州ではこの分野では第一人者のラボ。

論文とは様々で、多分この論文は・・・シンプルな論文(汗)ですが、ここからわかるものが面白いので取り上げました。

続きを読む "基礎断熱と床下暖房 その断熱材の施工方法"

| | コメント (0)

今日の出来事から Qペックスや基礎外断熱など

1昨年発表されたQペックス3.2の一画面

これはQペックス3.2の入力一面で、昨年の7月にブログでご紹介しました。その時はQペックスにようやく机上の空論にならないような補助入力項目がついたとご紹介しました。改めて当ブログの過去コメを思い返すとこれは・・・予言です。

続きを読む "今日の出来事から Qペックスや基礎外断熱など"

| | コメント (0)

2014年9月26日 (金)

床下暖房と床下の湿気(新潟県)

Sdim8067 「緑の家」標準(一番低い)の床下940mm。収納として大活躍。

「緑の家」では基礎断熱が基本となっております。そしてその基礎断熱は通常の倍以上の高さがあるので、床下収納として利用しております。これが大変便利な空間なのですが、注意点があります。

続きを読む "床下暖房と床下の湿気(新潟県)"

| | コメント (3)

2014年9月25日 (木)

通風のエネルギー削減効果と地域

6下の図もこちらの論文から抜粋した。

今年の建築学会論文集を7月に受け取ってから2ヶ月経ちました。今日ようやく開封しました。それまで全くの余裕がなく、机の端っこにほおり投げたままでした。

さて紹介の第一は、
所謂「通風による効果、電力削減」です。

続きを読む "通風のエネルギー削減効果と地域"

| | コメント (0)

2014年9月24日 (水)

「て・こあ」でのある一日 ㊴ 井戸掘り  その3

Dsc04983今では希なビニールケースに入って来た。しかも「赤」!

今日はメイルの返信だけで1日が終わりました。まだ返信を差し上げていない皆様、今日はもう頭が回りませんので明日がんばります。もう少々お待ちください。

そういえば・・・ようやく免許証が届きました。


続きを読む "「て・こあ」でのある一日 ㊴ 井戸掘り  その3"

| | コメント (0)

2014年9月21日 (日)

4年ぶりの自作・・・③ 人柱感あり

Dsc04957_2 私の仕事机。小さなキーボードと10年間同じ種類のインテリマウス。ディスプレイは40度くらいに寝かせて本を読むような角度で使うのが私流。

一昨日の夜中の3時半に既存のPCとディスプレイの入れ替えが終了しました。
始めたのは業務を終えた23時でしたら4時間もかかりました。既存PCケース内からデータのハードディスクを取り出し、設置前の掃除に時間がかかってしまいました。
 

続きを読む "4年ぶりの自作・・・③ 人柱感あり"

| | コメント (0)

2014年9月20日 (土)

武田教授の日本の家に対する分析

2_2

武田邦彦教授の家に関する分析が凄い・・・。
http://takedanet.com/2014/09/post_b6ce.html

家の寿命は「地震」と共に「湿気」が大きなファクターと・・・




続きを読む "武田教授の日本の家に対する分析"

| | コメント (0)

2014年9月19日 (金)

もう寒いくらいの夜と車場の家

Dsc0493026度で湿度38%・・・って2週間前ではどんなにエアコンで除湿しても無理な空気に窓を開けるだけで可能。

窓を開けて寝ていますか?
もうそれが寒くて出来ない季節になっております。
ホント、窓全開で気持ち良い季節は少ないと言う事がわかります。
事務所でも空調はOFFであり得ない乾燥したこの湿度・・・。
真夏にどんなに除湿しても届かないこの湿度に2週間有ればなってしまうこの日本・・・ホントに不思議な気候です。そして急に気温が下がりじきに暖房が始まります。


続きを読む "もう寒いくらいの夜と車場の家"

| | コメント (3)

4年ぶりの自作・・・②

Dsc04905グラボはハイスペック仕様のGTX770で少し奮発した。これだけでiPad Airが買える価格。

先回のその1は大事なインターフェイス機器のディスプレイから4年ぶりの自作が始まったとお伝えしました。その2は・・・設計CAD、画像処理、動画と切っても切り離せないグラボ(グラフックボード)のことです。

続きを読む "4年ぶりの自作・・・②"

| | コメント (0)

2014年9月18日 (木)

柏崎の「緑の家」 Ua値0.26w/m2Kで国認定の超高断熱住宅 その2

Dsc04920玄関上の屋根・・・薄くてシャープ。

先回の日之出町の家で計画してみて感じが良かった玄関ポーチ屋根をこの長浜の家でも採用しました。


続きを読む "柏崎の「緑の家」 Ua値0.26w/m2Kで国認定の超高断熱住宅 その2"

| | コメント (0)

2014年9月17日 (水)

4年ぶりの自作・・・

Dsc04904CPU、メモリー、冷却装置、マザーボード、ケースファン、ケース、コントロールユニット、グラボ、SSD、電源などで構成される自作機

事務所で自身が使うパソコンは自作(部品を買って組み立てするパソコン)したものです。1715年前の一番最初の自作機はセレロン300AというOCすると最上級機種のペンテアム450とほぼ変わり無い性能発揮し、更に改造するとCPUが2個同時に並列でつかえるマニアの間では定番中の定番セットでした。それ以来自身のオフィスパソコンは自作機となりました。

続きを読む "4年ぶりの自作・・・"

| | コメント (2)

2014年9月16日 (火)

秋の夕日

Dsc04885家族の間の窓が黄金色の光る・・・

14日(日)の耐久8時間打ち合わせが少し早く終わったので18時には寺泊に帰る事ができました。すると今日のご褒美のような光が射しているので、窓外をみると・・・

続きを読む "秋の夕日"

| | コメント (0)

2014年9月11日 (木)

柏崎の「緑の家」 Ua値0.26w/m2Kで国認定の超高断熱住宅

001久しぶりの連なる切り妻の外観。手前は分離車庫だから過剰仕様となりそうな高基礎とはしていない。

国認定(長期優良住宅)でUa値0.26w/m2の長浜の家が順調に進んでおります。
Ua値0.26w/m2Kの性能は、旧Q値に換算すると0.9w/m2K台になると思いますが、新Q値の算定方法が発表されているのであえて旧Q値を算出するのは行っておりません。住宅業界が早くUa値になる事を願っておりますが、大きな団体(新住協さんは初め断熱グループさん)がなかなかUa値になっていないので・・・まだ先でしょうか。なんかUa値は嫌われているような・・・。


続きを読む "柏崎の「緑の家」 Ua値0.26w/m2Kで国認定の超高断熱住宅"

| | コメント (0)

高断熱浴槽は必要か?査読論文から おまけ

3 今日から日曜日までの上空1500mm(粟ヶ岳くらい)の気温の変化。既に12度の気温になっている。

昨日の記事の裏付けで、今日から外気温が19度をしたまわる朝が連続するので今日明日から秋風に変わり、先取りが好きな「緑の家」のオーナーさんは24時間空調をOFFする人もいるでしょう。

さて、先日の高断熱浴槽の論文でふと思ったことがあります。

どうしてUbtを算出するときに浴槽を密閉して温度湿度は成り行きでお風呂の蓋を開けなかったのだろうか・・・?

続きを読む "高断熱浴槽は必要か?査読論文から おまけ"

| | コメント (0)

2014年9月10日 (水)

いつ24時間空調(冷房)を止めるのか?2014年

56541 今週の天気予報

風が気持ち良い朝、今日は事務所でも朝6時前に窓を全開しました。・・・が、7時30分には窓をしめ空調モードに・・・・

何時24時間冷房を止めるのか?なんて「緑の家」のオーナーさんは思っているでしょう。

続きを読む "いつ24時間空調(冷房)を止めるのか?2014年"

| | コメント (0)

2014年9月 5日 (金)

鳥と人

Dsc04839たぶん市の職員さんだと思う。どんなふうに追い払うのだろう。

何時ものように残業食をスタッフMと食べた帰りの事です。
先週事務所の前の県道の電線に鳥が沢山たむろっているとお伝えしました。そしたら・・・昨日市役所の係サンらしき人達が道で・・・

続きを読む "鳥と人"

| | コメント (3)

2014年9月 4日 (木)

高断熱浴槽は必要か?査読論文から その2

緑字加筆しました。19時10分

実験をすると時に予期せぬ事実を目の当たりにすることになります。
今回の論文中の実験結果でその部分にあたるのがこの図・・・

Cci201409042 Ubtが大きいほど熱が逃げやすい。ピンクの室温が高いほど熱が逃げやすいという結果には・・・おっ驚き

続きを読む "高断熱浴槽は必要か?査読論文から その2"

| | コメント (1)

2014年9月 3日 (水)

高断熱浴槽は必要か?査読論文から

Dsc04832

浴槽(バスタブ)の廻りに断熱材を貼った高断熱浴槽が最近のユニットバスの主流になってきております。まだオプション扱いもありで標準仕様ではありませんので、建て主さんからあった方が方がよいかどうか聞かれます。

オーブルデザインの結論は・・・

「緑の家」に限って言えば、続いて入る習慣があればあえて高断熱浴槽採用の必要無し。しかし数時間の間隔で入浴する事が普通であれば必要。

と答えております。その根拠になりそうな論文がありますので紹介します。

続きを読む "高断熱浴槽は必要か?査読論文から"

| | コメント (2)

カビと家

昨日紹介した文科省のこのページにはカビに対する概略が書いてあり、この内容である程度カビとの付き合い方がわかります(皆さん、リンク先をご覧に頂けましたか?)。

それをみて第一に感じたのは・・・

カビは防げない!

ということです。

続きを読む "カビと家"

| | コメント (3)

「て・こあ」でのある一日 ㊳ 古い流し場をまねて

Dsc04830工房という感じで配管露出の流し場。3つの普通水栓に中央は業務用浄水器を通った吐水栓。

この流しは・・・
昭和時代につくられたもの?
ってな具合に計画された「て・こあ」内に来年オープンするお菓子工房の厨房・・・。

これは最近造られた厨房で、わざと配管ムキだしのデザインなのです。

続きを読む "「て・こあ」でのある一日 ㊳ 古い流し場をまねて"

| | コメント (2)

2014年9月 2日 (火)

「て・こあ」でのある一日 ㊲ 秋支度

Dsc04816

お盆前からまともな休みが取れなく「て・こあ」でのある1日のアップが一ヶ月以上も途絶えておりましたが、昨日久々に奉仕に行ってきました。・・・
上写真は「て・こあ」の主の抜け殻です。
なんと2m近い脱皮のあと・・・多分あの青大将でしょう。今年も「て・こあ」を守ってくれております。


続きを読む "「て・こあ」でのある一日 ㊲ 秋支度"

| | コメント (2)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »