« いつものエアコンからの水漏れ | トップページ | 暑いですね・・・2 東京と新潟の違い »

2014年8月 3日 (日)

暑いですね・・・

2014/08/05に緑字加筆

Dsc04602 気密性がない事務所でも24時間空調で湿度が50%以下に落ちる。湿気の発生量(&侵入)と除湿量で相対湿度がきまる。

あついですね~

といいつつ、事務所は24時間空調になっているので快適温湿度・・・。

今日は最近の事で気になった事2つばかり・・・

一つ目は・・・太陽光発電の事です。

今でも・・・
「地球に優しい」とか
「CO2温暖化を防ぐ為に」とか
「環境によい事をしている」
と宣伝されている住宅用太陽光発電(事業者用太陽光発電も同じ)ですが、

販売される業者さんはそれも仕方無いですが、購入設置されたかたは、この発電が全世帯=多くの人の協力でなりたっているので、そういった類の事をあえて発信しないほうが良いかもしれません。

つまり、太陽光発電を屋根などに載せている人も、載せていない人も、どちらも太陽光発電の推進に同じくらい協力しております。それは・・・

Dsc04608 皆さんのお手元に届く電気代のレシートには

「再エネ発電賦課金」という項目が2年前から入っております。金額は大きくないですが、この項目は全世帯へ課せられております(電気を使う世帯)。さてこの金額はなにか?

主に太陽光発電等が発電した電力を、電力会社さんが法律で決められた高値で買い上げます。通常石炭による発電単価が12円/kwだとすると、今年度の太陽光発電は現在37円/kw(32円)で購入する事になっております。その差額25円!がこの再エネ発電賦課金なのです。つまり太陽光発電を設置し売電している方へのお礼金を25円/kw払っていると考えても良いでしょう。よって太陽光発電を載せている人は、設置投資に見合ったお礼を日本の全世帯の人からしっかりもらっております。それが設置の大きな動機で、美麗句で「地球によい事をしている」と発信することはすこし違和感を感じます。もし地球にやさしいとかCO2を出したくなからと言うなら、設置した太陽光発電を一般の電力網に繋げないで、全て自家消費(蓄電池もつかい)すればその言い分は理解できます。・・・が殆どの人が投資や利潤目的ですから電力に繋げて電力会社さんに売って、利益を上げております。これはガソリン代が高騰した後にプリウスの爆発的ヒットとなった時と同じ状況で、エコだとかという理由より、経済的だからという事が最大の理由でしょう。太陽光発電はみんなが支えてくれるからこそ、太陽光発電を設置する事が出来る・・・そこを忘れてはいけません。

 

次に・・・

夏(冬)の24時間空調ですが、これはそれをしたい人がすればよいだけで絶対24時間空調ありきではありません。通風が好きな人はそうすれば良いでしょうし・・・それぞれの人のスタイルで行えば良いだけで、私はエアコンによる空調の方が好きなのでそれを行い、その良さをお伝えしております。よくい言う事は、もし鎌倉時代にエアコンがあれば、あの有名な言葉は「夏はエアコンを旨とした家造りがよい・・・」となっていたかもしれません。

エアコンの24時間空調時には湿度が低い方が快適といわれますが、別に25度で70%でも大きな問題(その空調した空気好き)ではありませんから、60%以下でないとダメと言うことではありません。また私は良くこのブログで発信しますが、匿名で他のネットに何かを書き込む事はしません。書き込むときは必ず「本名」です。匿名では責任ある発言ができませんから・・・。ただ、いいね!とかそうそう、等は匿名で発信します。無論このブログのコメントは基本的に匿名でOKです。

このブログは主に家、住いなどの関連した専門情報を発信しておりますが、その専門性の前に・・・大事な事は・・・正義を振りかざすとろくな事はないし、自分の考えだけを押しつけてはいけないということです(事業を除く)。無論法律で決められいる事は別で、あくまでもそれ以外のことです。正義(正しい)と言い出すと、人それぞれに正義の定義はありますから、そこを主張しあってはそれは平行線ですし、そのうちに罵倒やののしりを行ってしまうくらいヒートアップするでしょう。自分と違う考えの人とであったならそれはまだ同じ事を体験していないので起こること・・・まだ修行中なのだな(私自身)と思えばよいでしょう。私はその体験の巾が広がるようにと、無断熱、自然素材100%で網戸もない「て・こあ」に足繁く通い、それを体験し「緑の家」に活かす事=建て主さんに事実をつたえるようにと心がけております・・・というか自分が楽しいからが最大の理由でしょう。

|

« いつものエアコンからの水漏れ | トップページ | 暑いですね・・・2 東京と新潟の違い »

太陽光発電、風力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつものエアコンからの水漏れ | トップページ | 暑いですね・・・2 東京と新潟の違い »