« 日ノ出町の家 完成写真 超高断熱高気密   その5 | トップページ | 暑いですね・・・ »

2014年8月 1日 (金)

いつものエアコンからの水漏れ

Dsc04595雨が降るエアコン・・・矢印のところに水滴がある。

拙宅ではもう1ヶ月以上前からエアコンの連続運転が始まっております。

今日自宅から連絡があり

「何時もようにエアコンから雨が降ってくる・・・」

との事・・・。

今週の土日は仕事で自宅には帰れないため、急遽今日の午後事務所を抜け出してエアコンのメンテナンスに行ってきました。

Dsc04596結構な雨を降らせるエアコン

拙宅のエアコンは4年ごとに新調されており(潮で壊れる)、この三菱製で6台目だと思います。同じ場所での設置ですから、気密性を維持するためにもドレンパイプ穴は25年間同じところで使っております。そのドレンパイプ穴が近年の機種大型化により少しだけ合わず無理矢理使っているせいか、夏のこの時期に必ずドレン管がカビでつまり水が室内にあふれ出ます。この現象を妻は「エアコンから雨が降っている」といいます(笑)。

事務所のエアコンもメインで使うエアコンは2年に1回はエアコンから雨が降るので、24時間空調のエアコンはこのような現象が起こり易いと思って下さい。

何時も水が流れているところを塞ぐほどのカビは↓のようなものです。今年は赤色でしたが毎年何か色が違う気がします。

Dsc04599

拡大すると

Dsc04600 未知の生物状態

なんだこれーって感じの物が出てきます。これを除去するのは簡単で、以前購入したこの機器で吸い取るだけです。

Dsc04601巨大な注射器

5分で終わりました。5から6年以上過ぎた「緑の家」の必需品かもしれません。無論、24時間エアコンをつける建物も同様です。

このカビ詰まりを防止するには、ドレン管径を大きくすれば良いだけですが、そうすると気密性が相当悪くなるのでなかなか実施できません。何とか良い方法を考えたいと思っているこの時期です。

基本、スタッフは残業しないオーブルデザインがここ最近はずーと残業続きで、スタッフMと何時も一緒に夕食しております。よく行くのは近くの来来亭さん。そこまでの道中にこの光景はありました。・・・苦笑いです。

Dsc04557 写真ではわかりにくいけれど、結構シュールな画である。矢印のところが浮いている・・・これはアートか?

三脚が宙に浮いているのです。きっとコンクリート床を施工するときに邪魔だったのに、電気屋さんがその場にいなかったので宙に浮かせたのですね。

|

« 日ノ出町の家 完成写真 超高断熱高気密   その5 | トップページ | 暑いですね・・・ »

コメント

浅間先生、こんにちは。ご無沙汰しております。
ちょうど先日、我が家でも冷房で連続運転しているエアコンから雨が降りました。外の配管を確認すると、ドレン水は一応ポタッ、、ポタッ、、と流れてはいるのですが、室内機が記事の写真とそっくりな状態だったので、早速に同等品のポンプをホームセンターで購入し、吸い取ってみました。そうしましたらジャ~と溜まっていた水が流れ出てきてくれました。
その後、ドレン水は倍くらいの量でポタポタと流れてくれるようになり、目出度くエアコンの雨降りも止みました。
カビの大きな塊はどこかに流れてしまったのか確認できませんでした。もしかするとまだ大物が残っているかもしれません。直ぐにまた詰まるようなら、その時はまたやってみます。
タイムリーな記事、どうもありがとうございました。

投稿: ちーすけ | 2014年8月 5日 (火) 07時05分

追伸
そういえば匿名でしたが、どうぞお許しください。

投稿: ちーすけ | 2014年8月 5日 (火) 08時11分

ちーすけ様

 コメントありがとうございます。

>そういえば匿名でしたが、どうぞお許しください。

いえいえ、ここのコメントは匿名が基本です。実名でコメントされる方は希です。私達のような専門分野で発言する専門家だけが実名の方が良いかな・・・と思っております。何しろ様々な利害がありますから。

実は某サイトの掲示板で私の名前を連想させるようなハンドルネームで発言されていた事実があり、私でないことを明らかにしたかっただけなのです。・・・悪意を感じられるハンドルネームはとても残念です。

>ちょうど先日、我が家でも冷房で連続運転しているエアコンから雨が降りました。

申し訳ありません。ご連絡頂ければ、でっかい注射器を持って伺いました。

コメントに感謝いたします。


投稿: オーブルデザインの浅間 | 2014年8月 5日 (火) 08時37分

>このカビ詰まりを防止するには、ドレン管径を大きくすれば良いだけですが、そうすると気密性が相当悪くなるのでなかなか実施できません。

管径を大きくしておいて、暖房時にはドレンを塞ぐというのは無理があるでしょうか?

外し忘れたら、大惨事ですが ^^;

最近の記事を拝見して、思いついたのですが..

投稿: とうちゃん | 2014年8月 9日 (土) 12時58分

とうちゃん様

コメントありがとうございます。

>管径を大きくしておいて、暖房時にはドレンを塞ぐというのは無理があるでしょうか?
外し忘れたら、大惨事ですが ^^;

うーーん・・・

最近は内部がなめらかな断熱ドレインを設置するので少なくなったと思うのですが、逆流止め設置やドレン管長さ、環境等で詰まることはやはりさけられません。出来れば大きくしたいですね。

投稿: オーブルデザインの浅間 | 2014年8月 9日 (土) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日ノ出町の家 完成写真 超高断熱高気密   その5 | トップページ | 暑いですね・・・ »