« 「て・こあ」でのある一日 ㉝ 空調と土壁の家  その2 | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 ㉞ 井戸掘り その1 »

2014年7月19日 (土)

超高断熱の家(旧Q値で0.81w/m2K)そろそろ完成 って何時も土壇場

Dsc04447

この写真・・・日之出町の家で行われた中間気密測定2回目の終了風景です。




2度目ということは・・・
そうですね1度目は目安の0.6cm2/m2に届かず0.9cm2/m2でした。

原因は・・・

現場があまりにも戦場のような激しさに、キチッと未完成部分の目貼りをしなかったことと、サッシの調整不足で気密性が上がらなかったのです。そこで慌ただしい戦場から一転静かになる夜を待って2回目の気密測定を実施しました。それまでに出来る修正を行いました。

まず換気扇の穴の目張り忘れ2箇所を閉じサッシ調整を行いました。これで無事0.6cm2/m2となり、この時点でエアコンの貫通穴がまだ固定されていない事に気づいたので、次に測定する完成時には更に0.2cm2/m2程度のアップが望めるでしょう。

この日は朝から夜まで麺づくし・・・朝は冷やし中華でお昼はアジア味の焼きそば、夜はこの気密測定で遅くなったので外食で燕三条ラーメン・・・流石に白米が恋しいですね。

 

さて来週のこの日之出町の家の見学会の見所の一つが・・・

三層パネルを使った造り付け家具です。

54 オーブルデザインは設計事務所。だから図面の美しさは大事

久しぶりにギミック的な造り付けテーブルを設計しました。大勢の人が集まるときに、大きさが倍になるテーブルです。無論足は一本で軽やかに・・・こちらはクリーニングが終わったら写真をアップします。

Dsc05649 R2000+の時に作成した家具。この美しいエッジの再来となるか?

|

« 「て・こあ」でのある一日 ㉝ 空調と土壁の家  その2 | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 ㉞ 井戸掘り その1 »

超高断熱、無暖房、パッシブ、Q1、気密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「て・こあ」でのある一日 ㉝ 空調と土壁の家  その2 | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 ㉞ 井戸掘り その1 »