« 超高断熱住宅の冷食品庫  | トップページ | この時期だから過酷事故の時の避難ルート »

2014年3月10日 (月)

「て・こあ」でのある一日 ㉔ 春の雪化粧

03.10 21時加筆

Dsc03374 窓からみる海

今日は月曜日で寺泊で朝をむかえました。3月半ばなのに氷点下です。

Dsc03380海のうなりと雪の舞

空は冬空のような移り変わりが早い雲が通り過ぎて行きます。

Dsc03376 このデッキのまだ未完成の大人しか出られないところ。小手すりがまだないので・・・。

風があるのに自宅のウッドデッキは真っ白です。つまり氷点下なので溶けない・・・。年に多くない風景です。

これからお約束の「て・こあ」に 行きます。

で・・・「て・こあ」に着きました。

Dsc03382_2

着いたときにはちょうど晴れ・・・

息をのむ景色です。

Dsc03381_2

幹を覆うように張り付いた雪・・・。

Dsc03384 白い結晶のような木々・・・。このときは雪国の美しさ を素直に喜びます。まだ一つも落下していない幹の雪は貴重な一瞬なのです。

Dsc03383_2

全てが煌めく春近し・・・

 

|

« 超高断熱住宅の冷食品庫  | トップページ | この時期だから過酷事故の時の避難ルート »

築100年の「て・こあ」」カテゴリの記事

コメント

青空との対比がとても綺麗ですね!

建物のボリューム感が丁度良い感じもして、建物の大きさって大切だなと思わされました。

投稿: とうちゃん | 2014年3月11日 (火) 09時04分

とうちゃん様

コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり何事もバランスが大事だと思っております。
今日もまだ雪が舞っており寒い1日です。

投稿: | 2014年3月11日 (火) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超高断熱住宅の冷食品庫  | トップページ | この時期だから過酷事故の時の避難ルート »