« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

何時聞かれる事・・・行政は耐震チェックしない事

建て主さんとの相談時に何時も聞かれる事があります。

(場面)  事務所であるお宅の設計図書をお見せしながら

オーブル「このように当事務所で構造図まで書いて見積もるのです」

建て主「構造図を設計者が書くのは当たり前ではないのですか?」

オーブル「いいえ、普通は外注です。木を加工する会社が書くのです」

建て主「そうなんですか。でも最後は行政が耐震性をチェックするのですね」

オーブル「行政は普通の住宅の構造チェックはしません」

建て主「えっ・・・では誰がチェックするのですか」

続きを読む "何時聞かれる事・・・行政は耐震チェックしない事"

| | コメント (0)

2014年2月27日 (木)

しっかりした基礎 超高断熱の「緑の家」

Dsc03334電柱も移動され上棟を待つ日之出町の家


来週から土台敷きが行われる日之出町の家の現場です。

晴れた今日は、その基礎の良さがわかるので現場に行って来ました。

続きを読む "しっかりした基礎 超高断熱の「緑の家」"

| | コメント (2)

2014年2月26日 (水)

安かろう、短ろう・・・ではいけない

Dsc03332

去年の秋に購入した手袋がもうダメになりました。

特にハードにつかっていたのではなく、主に車の運転くらいでしょうか?


続きを読む "安かろう、短ろう・・・ではいけない"

| | コメント (0)

2014年2月25日 (火)

「て・こあ」でのある一日 ㉓ 続・占いの間

Dsc03327この工具無いと床が張れない・・・。大事な釘締め

先の㉒の最後に出てきたこの工具・・・なんだかわかりますか?

「釘締め」という工具です。今では機械式の釘打ちやエアータッカーに置き換わったので、この工具を何時も工具袋に入れている大工さんはいないと思います。これは主に床のフロアーの実の釘を締める(めり込ませる)時に使う道具です。木に傷を付けないようにする工夫がこういった多様の工具を生み出しました。

続きを読む "「て・こあ」でのある一日 ㉓ 続・占いの間"

| | コメント (0)

「て・こあ」でのある一日 ㉒ 占いの間

Dsc033243.9m上にあった天井が間近に見られるようになった「占いの間」の2階。この雲細工・・・今では限られる人にしかできない。

築100年の「て・こあ」ですが、先回ご紹介したように以前は民の寺院として使用されていた建物ですから、そのご本尊様が安置されていた部屋があります。その部屋を「て・こあ」のオーナーさんは「占いの間」※と呼んでおり、大切な空間として現在ゆっくりと改修されております。
※・・・占いと聞くと怪しい雰囲気であるが、元々占いとは過去のデータを分析・精査して将来を予想したりする行為。特に心を澄まして集中出来るように静寂な非日常空間が必要となる。

続きを読む "「て・こあ」でのある一日 ㉒ 占いの間"

| | コメント (0)

2014年2月23日 (日)

ギュウギュウな1日

家の設計を高性能で自然・木の素材。三条 長岡見附 柏崎 新発田 新潟で高断熱 

朝8時に家をでて、士の仕事1つ目へ向かう・・・

次に11時に2つめ、13時に3つめ、15時30分に4つめと5つめ

と今日は分刻みで事務社外で仕事をさせて頂きました。

続きを読む "ギュウギュウな1日"

| | コメント (0)

2014年2月19日 (水)

「て・こあ」から学ぶ事 ③ ニワの復活。

Dsc02375_2

「て・こあ」から学ぶ事 ① 、  からの続きです。半年かけようやく最終話・・・こちらは今年最初の「緑の家」の提言とします。

ニワというと外にある外構の庭ではなくここでいうニワとは・・・最近でいう作業土間です。

続きを読む "「て・こあ」から学ぶ事 ③ ニワの復活。"

| | コメント (0)

2014年2月17日 (月)

今日は東京で通風セミナー by南雄三先生 と積雪

217bb
自由の師「南雄三先生」の講師による通風セミナーが今日東京で行われるために、新幹線で向かいます。ですので何時ものようにタイムリーにブログをアップしたいと思います。

続きを読む "今日は東京で通風セミナー by南雄三先生 と積雪"

| | コメント (0)

2014年2月15日 (土)

役立つ温湿度計 キャリバー

ブログの右バーにキャリバーのページを設けました。少量の在庫をできるだけ随時確保するようにしました。→在庫無し 入荷未定 2014.06.14

| | コメント (0)

超高断熱の必要性

Dsc03204何時もの事務所前の風景。積雪は数センチ。

Capture20140215074624_2NT21「みんなの疑問」からの映像一場面から参考画像。六本木のテレ朝屋上の様子。積雪は24cm。




今朝の三条市です。

積雪は数センチで、現在小雪が降っております。

全国のニュースを見ると、太平洋側で記録的な雪が降ったようで、甲府で100cmを超えていることで、大変驚きました。

続きを読む "超高断熱の必要性"

| | コメント (0)

2014年2月13日 (木)

自動お掃除付エアコンのお手入れ

2014.02.13.06.45緑字加筆

Dsc03188これは・・・


最近のエアコンで上位機種にはフィルターの掃除を自動で行ってくれる機能があります。メーカーのカタログには「10年分の埃を溜めるタンク付」とか、「強制排気で屋外に放出」とあり、まあ10年近くは掃除しなくても大丈夫なのかなと読めます。しかし当事務所や「緑の家」などのように24時間使いつつ一年の2/3を使用していると・・・

続きを読む "自動お掃除付エアコンのお手入れ"

| | コメント (4)

2014年2月12日 (水)

続・ちょっと突っ込んだ薪ストーブのお話

201402090834102_2薪ストーブを着火後から30分くらいは暖まっていない本体、煙道のせいで煙りが確実に出る。


「ちょっと突っ込んだ薪ストーブのお話」の続きです。

どんなに高性能な薪ストーブで、乾いた堅木を使っていても、着火時と、薪の挿入時には多少煙と匂いが発生します。これは電気を使わない原始的な燃焼器具の宿命のようなものです。

続きを読む "続・ちょっと突っ込んだ薪ストーブのお話"

| | コメント (0)

2014年2月 8日 (土)

ちょっと突っ込んだ薪ストーブのお話

Dsc09158_3このくらいスッキリしていれば作業できる昔の土間。

何度か既にお話していると思いますが、寒い時の話題は薪ストーブに限ります。

何回かペレットストーブや薪ストーブが地球温暖化防止には役立たない(但し大量に全世界が使えば、煙微粒子が太陽光を遮断して寒冷化する)と言っております。よって町での薪ストーブの採用は温暖化防止とか言わないで、「趣味」=「好きだから」という理由が一番スッキリとします。

続きを読む "ちょっと突っ込んだ薪ストーブのお話"

| | コメント (4)

2014年2月 7日 (金)

構造が一番 真冬の高基礎養生終わり 

037良い色になっている日ノ出町の家基礎。既に3週間経過しており氷点下でも心配なし。高いので人通口部分にしっかり梁が取れるのが特徴。


現在施工中の旧Q値で0.8w/m2K相当の日ノ出町の家の基礎工事がほぼ終わりました。

何時も「緑の家」は運が良いと思います。3週間前のコンクリート打込み時は、寒いといっても、最近ほど氷点下が連続するする寒さではなく、暖気と寒気が混じって平均外気温が2度を超えていたと思いますが、最近はずーと氷点下。この時期にコンクリートを打っていたら、暖房機による養生も検討しなければならなかったでしょう。

続きを読む "構造が一番 真冬の高基礎養生終わり "

| | コメント (0)

2014年2月 6日 (木)

風の動きの可視化とキャリバーⅳの特性

Dsc03112

今朝の三条市事務所から見た風景です。一年で一番寒く雪が多い時期ですが、雪だけがない奇妙な2月上旬です。

続きを読む "風の動きの可視化とキャリバーⅳの特性"

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

地球温暖化防止・・・とは言わない。②

原発の問題で安心の解説を行っているある情報サイトがありますが全く心に響きません。私が考える原発事故での最大問題は2つ

1.高い確率で安全といっていた原発がわずか50年弱で大災害を起こしたこと。

2.事故が起こったときの日本政府と一部国民の対応に愕然としたこと。

であるにも関わらず、

「感情的な判断で原発反対と言うことはおかしい」

と言う考えにはとても賛同はしかねるし、安心の理論付けは正気の沙汰とは思えません。

あの時、政府は

「気象庁に事故付近の風向きのデーターを発表するな」

と圧力をかけ、

「スピーディーのデータ開示を隠蔽し」

「付近住民にはひたすら情報を隠した」

更に大手マスコミは、

「自社の記者には福島県から退去指示をしていたにもかかわらず、放送では落ち着いて現在の場所に留まるような情報を発信する」

という行為を同じ民族である国民に行ったということが最大の問題であるということでした。

続きを読む "地球温暖化防止・・・とは言わない。②"

| | コメント (0)

コーナーサッシと屋根形状

Dsc03105建物模型は必ず植樹がされ、特に今回は電柱まで造られた。

長岡ニュータウンの家を始め最近では荒町2丁目の家等には建物角部分を開口部とする計画をしています。昨日模型が完成した今度の計画もコーナーサッシが計画されています。

続きを読む "コーナーサッシと屋根形状"

| | コメント (3)

2014年2月 1日 (土)

地球温暖化防止・・・とは言わない。①

Dsc068311人以外の生命の営みは何時も残酷ではあるが、それが事実。


このブログの常連さんは、私が「地球温暖化防止」を意識的に表現しない事を多分・・・おわかりでしょう。地球温暖化防止という御旗を立て、それがその為にとか、重要だと主張されることに随分前から違和感があるからです。ただ、この事を発言すると、大きな声で反対されのでとても勇気がいる事です。でも発言します・・・(笑) 

技術系が書くヘタな文章で飛躍した考えですから、気にさわる方は無視してください。

続きを読む "地球温暖化防止・・・とは言わない。①"

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »