« 小新ゼロエネ完成見学会 終了打上げ | トップページ | 夕涼みと花火 »

2013年8月 6日 (火)

「緑の家」の自然素材の使い方 10年

Dsc00376この侘び感が日本の気候を考えた意匠性

何時も10年先を考え、「緑の家」は自然素材・天然素材をそのまま活かして使うように心がけております。

その一つがこちら・・・

10年経た丸石の階段です。綺麗に苔が生え、如何にも日本にある家屋です。

10年経過後が勝負の「緑の家」・・・良い感じです。

Dsc00375日本気候では普通に使うとこのような苔が生えるからこそ、石やモルタルが似合う。

玄関アプローチはこんな感じで、シンボルツリーがしっかりとあります。緑がある家は雰囲気が良いですね。これで北向きの建物で北向きにバルコニーがある・・・それでも明るさが充分な家でした。

Dsc00379飴色艶が出ている築10年目の無塗装の床。子ども達がハードにつかってもこの程度。


今日はこの秋葉のM邸に10年目の有料メンテナンスにお邪魔しました。床もハードに使ったにもかかわらず、艶はでており「緑の家」だなーという感じがします。

オートレベルで家の傾きを検査し、全く問題ないこと確認。

その他の検査で10年目の気づき・・・

・Q値1.9w/m2Kの家でも、既に(電力の値上げ前だが)光熱費が高いイメージがある(超高断熱住宅の必要)。

・加圧防腐防蟻材(デッキ)は条件が悪いと10年前に腐る(現在はアイアンウッド)。

・梅雨に空調しない家での中霧島壁にカビが生える(自然素材の特性)。

・トップライト(ベルックス)で雨漏れがあったり無かったりする(原因調査中)。

北向きの家だったのでトップライトが4台設置されており内部の明るさは充分の家・・・10年経過後が勝負の「緑の家」・・・良い感じです。

|

« 小新ゼロエネ完成見学会 終了打上げ | トップページ | 夕涼みと花火 »

自然素材 天然素材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小新ゼロエネ完成見学会 終了打上げ | トップページ | 夕涼みと花火 »