« 「て・こあ」でのある一日 ⑥ 一本引き戸 | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 ⑧ 薪風呂 »

2013年7月17日 (水)

「て・こあ」でのある一日 ⑦ 本物の自然素材

Dsc09912机の下がうっすらと白くなる


「て・こあ」でのある一日 ⑥の時に昼食を食べるために座敷にあがると・・・

Dsc09913_2矢印のところがカビ


机の下だけ白くなる畳・・・これは・・・カビです。

オーナー曰く

「一日おきに掃除してもカビが畳に生える。毎日すれば生えない。でも毎日は不可能」

とのこと。

Dsc09914クリックでアップすると胞子が綺麗に見える。


アップで撮ると・・・見事な胞子・・・美さえ感じます。

最近の家の畳は表い草の直ぐ下に「防かびシート」が織り込まれているのが殆どです。だから多少掃除をしなくてもカビが表面に生えません。しかも畳床(畳の芯)は「断熱材や木くず」。ですのでこれらを「建材畳」と呼びます。テ・コアに敷かれた畳は畳床は昔ながらのわら床。しかも防かびシートも入れていない昔ながらの畳。つまりそのまま地面の上に置けば、数年で土に帰る本物の自然素材です。

自然素材に梅雨時の気候は過酷ですね。ですがやはり自然(天然)素材に拘るのです。

|

« 「て・こあ」でのある一日 ⑥ 一本引き戸 | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 ⑧ 薪風呂 »

築100年の「て・こあ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「て・こあ」でのある一日 ⑥ 一本引き戸 | トップページ | 「て・こあ」でのある一日 ⑧ 薪風呂 »