« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

薪ストーブ用の羽材

Dsc08737これで4~5日分はある。


今朝、トラックで薪ストーブ用の羽材を頂いてきました。

続きを読む "薪ストーブ用の羽材"

| | コメント (2)

2013年3月29日 (金)

100年でした。その4 60年住宅を目指せ!

Dsc08732

和島北野の家「て・こあ」のリノベーションでは現在屋根の改修工事が行われております。

続きを読む "100年でした。その4 60年住宅を目指せ!"

| | コメント (0)

最近のこと

Sdim1307

浅間家の一員となってから2年が経ったアポロ♂と春の夕暮れに近所を散歩・・・。
写真でも伝わるようにこのトイプーの毛並みはホント柔らかで気持ち良いです。

本題ですが、先日スタッフを募集しておりましたが、よき力となってくれそうな男子とご縁があり、今週から一緒に業務しております。

続きを読む "最近のこと"

| | コメント (0)

2013年3月27日 (水)

超高断熱住宅の家~ 根切り・・・

Dsc08717軽い庇とオーソドックスな窓桟のデザイン。杉の木の板目がなぜか引きつける。磨いたらよくなるだろう。

工事監理の帰り道で見たなんてことのない古い建物の窓・・・

・・・この感じ・・・なぜか好きですね。

続きを読む "超高断熱住宅の家~ 根切り・・・"

| | コメント (0)

2013年3月26日 (火)

この違和感・・・

緑字追記 20130326 14時

Dsc08681屋根全体が太陽光発電パネルの家。一見するととてもよい雰囲気。


ふと新聞の広告をみると、とても違和感のある写真が掲載されていました。

続きを読む "この違和感・・・"

| | コメント (0)

卒業式シーズン・・・

Dsc08676某ディーラーでは「ない」と言われた特殊な穴形状ホイールをネットで入手し夏タイヤに交換

先日お伝えしたとおり事務所の車は既に夏タイヤ(普通タイヤ)です。が、今朝5時頃新潟から帰る道中で雪がちらついて来たときには、積もったらどうしようかと少し冷やっとしました。


朝早くから車に乗っていたわけは・・・

続きを読む "卒業式シーズン・・・"

| | コメント (0)

2013年3月21日 (木)

100年でした。その3

2013/03/22写真追加

Dsc08711屋根の修繕を行うため足場のかかる和島北野の家「て・こあ」。大凡床面積が90坪(吹き抜けを除く)のため、屋根の大きさも大変大きい。

100年でした。その3は・・・

直接家と関係ないのですが周囲の木の大きさからご案内します。

※写真は和島北野の家「て・こあ」のオーナーから借りました。ありがとうございます。

続きを読む "100年でした。その3"

| | コメント (0)

2013年3月16日 (土)

白アリ・・・春になると一気に活動が始まります。

P1250678基礎表面の蟻道。これは去年以前のもの。


今日は建て替えの敷地調査2件とと打ち合わせ・・・

春風が強く吹くなか既存住宅と敷地確認へ。すると見慣れた物が基礎にありました。

続きを読む "白アリ・・・春になると一気に活動が始まります。"

| | コメント (0)

超高断熱 Q値0.83w/m2k 蓄熱床下暖房の実力

画像の一部に不適切な記載がありました。お詫びします。2013.03.16更新

なぜ超高断熱住宅にするのですか?快適さ、暖かさですか?

違います。

いつも言っているようにエコが第一ではありません。暖房費を下げる為に超高断熱住宅を造っています。

快適さはQ値2.0以下でC値1.0以下であれば変わりませんので・・・。

そこで重要なのが実際の暖房費です。この実際の費用が公開できないようであれば、Q値を下げて家をつくる意味はないでしょう。

P1250631_2


実際の電気料とガス料金


「緑の家」で最高の断熱性能であるQ値0.83w/m2kの家の、今冬電気料がわかりました。但し冬に全く晴れない日本海側の家の参考としてご覧ください。

続きを読む "超高断熱 Q値0.83w/m2k 蓄熱床下暖房の実力"

| | コメント (0)

2013年3月14日 (木)

今年の冬の不具合の諸々

Dsc00109エアコン下部で除霜水により氷が育つ(参考写真)

Dscn4830_2エアコン内部のファン(羽)に氷外部の水が(雪が)触れがへばりつく(参考写真)


この冬の1月にエアコンが一つ凍りつきました。原因は・・・

続きを読む "今年の冬の不具合の諸々"

| | コメント (0)

2013年3月12日 (火)

100年でした。その2

Dsc08229

和島北野の家「て・こあ」ですが、昨日築100年と発覚しましたが、この建物は寺だったのです。だからこの外観・・・何となくその面影ありますね。建築当時と大きく異なるのは・・・

続きを読む "100年でした。その2"

| | コメント (0)

2013年3月11日 (月)

100年でした。

Dsc08612

緩やかなリノベーションを行っている和島北野の家「て・こあ」ですが・・・

最初は築60年と言われていたのですが・・・

ほぼ築100年でした。

続きを読む "100年でした。"

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

床下暖房・・・普及するのか?




Dsc09795
完成見学会の時簡易風速計で風量を測った。計器は宮崎建築さんからお借りした。

今冬はもう終わりですが、昨日の打ち合わせに床下暖房の事を聞かれましたので、今シーズン最後の床下暖房の記事です。

続きを読む "床下暖房・・・普及するのか?"

| | コメント (2)

2013年3月 9日 (土)

事務所まえの道路が怖いことに・・・

今日は朝から分刻みで打ち合わせです。大体土曜日、日曜日に打ち合わせが集中するので、スケジュールを組んでしまうと・・・時には9時から18時まで朝昼晩と連続して3つ打ち合わせとなります。

Dsc08578歩道は大丈夫ですが、車道が気持ち悪い事に・・・

こちらは事務所前の県道です。ヒビが沢山あり不気味です。

続きを読む "事務所まえの道路が怖いことに・・・"

| | コメント (0)

2013年3月 8日 (金)

ソーラーパネルの設置業者選び

昨日から気温が急上昇・・・・。こうなると車のタイヤをノーマルに換えたくなりますが、ちょっと思い出し止めました・・・昨年は4月7日に下のとおり積雪がありました。とは言っても午後には消えてしまいましたので、仕事車でなければ換えてもOKかな・・・。


Dsc06401昨年は4月7日まで雪が積もった。もう忘れていると思いますが昨年も寒かったのですね。

さて本題ですが・・・

戸建て住宅では太陽光発電パネル(ソーラーパネル)は屋根上に通常設置されます。その取付け方は金属屋根において一般的に2通りあり、屋根貫通ビスによる設置と屋根材自体を挟みつける事で、屋根を貫通しない設置方法です(瓦屋根は従来設置する雪止めと同じリスクになりますから除外します)。

続きを読む "ソーラーパネルの設置業者選び"

| | コメント (2)

2013年3月 6日 (水)

デジイチばかり褒めたら・・・

デジイチばかり褒めていたら・・・

何時もお世話になっているコンデジが突然壊れました。

Sdim1243先週突然壊れたDSC-HX5V

続きを読む "デジイチばかり褒めたら・・・"

| | コメント (0)

2013年3月 4日 (月)

和島北野の家 リノベーション 途中写真

Sdim1214和島北野の古い土壁。黒く見えるところは多分カビだけれどそれも自然素材だから。庭に咲いていた寒椿を据えて・・・。(手持ち撮影)


昨年の秋から和島北野の家でゆっくりしたリノベーションを行っております。
今日は肉体労働でリノベーションのお手伝いしてきました。その合間にSD14で撮ります。

続きを読む "和島北野の家 リノベーション 途中写真"

| | コメント (0)

デジイチSIGMAのレンズOSの効果

いまさら・・・ですが、今や当たり前の手ぶれ補正装置・・・

そのデジイチの手ぶれ補正レンズの実力は・・・

_dim1207当事務所打ち合わせスペースの本棚 SD14 17-70mm2.8OSマクロレンズ 70mm(OSを作動)。


_dim1206当事務所打ち合わせスペースの本棚 SD14 17-70mm2.8OSマクロレンズ 70mm(OSを不作動)。



この2枚は同じように見えますが相当違います。

続きを読む "デジイチSIGMAのレンズOSの効果"

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

ゼロエネルギーハウス着工とその解説

Dsc00278
昨日は大変寒かったですね。皆さんお疲れ様です。

Dsc09016完成スタディー模型。耐震等級2、Q値0.99 何れも国認定。長期優良住宅の小新ゼロエネの家。

吹雪のなか地鎮祭が執り行われて、いよいよゼロエネルギーハウスが着工です。

ゼロエネルギーハウスとネットゼロエネルギーハウスが今年度はあり、前者が国交省、後者が通産省の補助金事業です。同じ性能の家なのにどうして管轄が違うのかが不思議です。

続きを読む "ゼロエネルギーハウス着工とその解説"

| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

超高断熱の家 Q値をもう少しだけ使い続けます。その2 データーの怖さ!

久々に辛口で・・・

Sdim1187実はこのデーター収集には私もほんのちょっとだけ参加している。だからその細かさは大変よくわかる

こちらは6年くらい前に由緒ある日本建築学会から出版された書籍。内容は日本の地域ごと住宅のエネルギー消費量の調査報告書。各地域の大学の研究室が協力し合って全国詳細調査した初めてのデーター集である。

続きを読む "超高断熱の家 Q値をもう少しだけ使い続けます。その2 データーの怖さ!"

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

超高断熱の家 Q値をもう少しだけ使い続けます。

Sdim1188

先月、国交省の後押しで行われた低炭素建築と改正省エネルギーのセミナー

今回の省エネ法の改正で、今までのQ値や年間冷暖房負荷に変わりUA値(平均外皮熱貫流率)になった。さてこの改正・・・良いところもあるし、どうして?と言うところもある。

今日はこの「どうして?」という所を解説したい。

続きを読む "超高断熱の家 Q値をもう少しだけ使い続けます。"

| | コメント (2)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »