« 超高断熱の緑の家 完成後半年経過で・・・ | トップページ | 秋葉の家 超高断熱高気密の家 »

2012年11月13日 (火)

ゼロエネルギーハウス 東新町の家のヒートファクトリー

Dsc09296 玄関屋根もつきバランスが良く納まりまった東新町の家

東新町の家です。工期も短い事からどんどん進み、明日には中間気密測定が行われます。

その前に・・・

県内初の浴室内排湯熱回収システムのヒートファクトリーの組み立て(3例目)が始まっています。

Dsc09293 熱交換の銅パイプ。この12Φの40mで熱交換する。

このヒートファクトリーは、今年度の革新的な省エネシステムを設置した家に国から補助金が受けられるゼロエネ住宅です。Q値は0.93w/m2kで、ゼロエネルギー率107%認定。

1階床下が高くないとヒートファクトリーが設置できませんので、SSプラン(標準)からの設置(普及タイプでも床高1.4mにすればOK)となりますが、このヒートファクトリー のペイ年数は20年位なのでなかなかの優れものです(エネルギー代が上がればもっと早く回収可能)。

是非床高を1.4mにするときはご検討ください。

Dsc09294

工事中の床下ですが、キッチリ整理整頓され気持ちいいですね。流石「宮崎棟梁」の人柄です。明日の気密測定が楽しみです。

|

« 超高断熱の緑の家 完成後半年経過で・・・ | トップページ | 秋葉の家 超高断熱高気密の家 »

超高断熱、無暖房、パッシブ、Q1、気密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超高断熱の緑の家 完成後半年経過で・・・ | トップページ | 秋葉の家 超高断熱高気密の家 »