« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

漆喰は吸湿性があるか?桐は湿気を吸うか?

Dsc09155

寒くなって来ました。
写真とは関係ないのですが、調べたいときにネットで検索すると様々な情報が探せます。しかし書いてある内容がサイト毎に違っていたり真逆のことがあったりします。この時に自分の想像力や分析力がフル活動します。
今回は薪ストーブと煙突で様々なサイトに訪れましたが、そこに薪ストーブ以外の家の事などが書いてあると、そのサイトの信用性がある程度判断できます。
例えば最近の気密性が高い家では、どんな高価な2重煙突やストーブでも煙の逆流は免れない・・・等。負圧になりやすい家では外気導入型の重要性がわかっていない事や、薪ストーブでもエアコン暖房でも、消費エネルギーを減らすのは機器より器である家の性能が大事と言う事の理解も少ないようです。

薪ストーブのことは、専門店屋さんのような実績が沢山あるわけではありませんが、客観的な評価として家に置く設備の一つですから、設備として判断すると優等生とは言えません。が、デザインや雰囲気で判断するとすばらしい設備であることはまちがいありません。

続きを読む "漆喰は吸湿性があるか?桐は湿気を吸うか?"

| | コメント (0)

2012年10月30日 (火)

和島北野の家 リノベーション 暖房器①

Dsc09144_6

ゆっくりリノベーション中の「和島北野の家」の暖房器が設置されました。火入れには写真の子供達によるお祓いを行ってもらい、火之神様に家の中で安全に火を使わせて頂くことを祈願しました。

続きを読む "和島北野の家 リノベーション 暖房器①"

| | コメント (1)

超高断熱 Q値0.99W/m2K すみれ野の家完成見学会終了

Sdim0680

一昨日に行われたすみれ野の家完成見学会は無事終了しました。

お越し頂いた皆様にはお礼申し上げます。

続きを読む "超高断熱 Q値0.99W/m2K すみれ野の家完成見学会終了"

| | コメント (0)

2012年10月24日 (水)

人生の「時」のベクトル

Dsc09099

人は40才を超えると記憶が逆方向に向かうとある偉大な建築家で思想家が言っていた。私も同感である。

続きを読む "人生の「時」のベクトル"

| | コメント (0)

2012年10月23日 (火)

木の年輪とその他・・・

Dsc09083

今日、母の付き添いで医院に・・・その時の待合室で使われていた腰壁の木を見ると、なんと巾10cm程度の大きさで年輪180本・・・凄い。

続きを読む "木の年輪とその他・・・"

| | コメント (2)

2012年10月20日 (土)

超高断熱Q値0.9w/m2kの家 立体は光と影

Dsc09016 こちらは道路側北向きの家。だからこそファサードが重要。

超高断熱Q値0.9w/m2kの家で「小新大通りの家」のスタディー模型です。
事務所内で5分くらいの簡易撮影でしたが、光と影の美しい写真となりました。

続きを読む "超高断熱Q値0.9w/m2kの家 立体は光と影"

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

この時期だから薪ストーブを見にいく  その2

Dsc09011

「この時期だから薪ストーブを見にいく」の続きです。

今日連絡があり「F420が用意できた」とのこと。早速取りに行きました。

簡単な梱包されておいてあります。こんな時勢だから梱包は簡単な方が良いでしょう。

続きを読む "この時期だから薪ストーブを見にいく  その2"

| | コメント (0)

2012年10月18日 (木)

この時期だから薪ストーブを見にいく

Dsc08729 大小デザインも様々。煙突に付ける熱交換器もあり、薪燃焼器具の総合メーカーの工場内におかれたストーブ

ずらりと並んだ薪ストーブ達・・・

ここはダンテックスという薪ストーブの製作工場です。

続きを読む "この時期だから薪ストーブを見にいく"

| | コメント (4)

2012年10月17日 (水)

超高断熱Q値0.98W/m2Kの「緑の家」   秋の完成見学会 28日、29日

27日までこのページはトップ記事に表示されます(26日青字更新)。
26日完成気密測定→0.4cm2/m2  (*^ω^*)ノ彡

Dsc08987 真っ白なガルバニューム鋼板張りでドレーキップ窓に拘って均等に配置した窓が変わりない安定したデザイン。屋根は将来太陽光発電が大きくのせられるように東傾斜。

超高断熱Q値0.98w/m2kで耐震等級2相当、気密性能0.4cm2/m2(中間)のすみれ野の家の足場がようやく外れました・・・。長かったですね。

オーブルデザインの緑の家は、

どの建設会社さん、初めての工務店さんでも、必ず0.7cm2/m2以下になっています。

これって凄い事だと思いませんか?他社の技術水準を安定させるオーブルデザインの工事監理・・・。

続きを読む "超高断熱Q値0.98W/m2Kの「緑の家」   秋の完成見学会 28日、29日"

| | コメント (3)

2012年10月16日 (火)

気密性断熱性を考えない家と超高断熱の性能をミックスできたらもっと幸せ!

Dsc08971 このトーメイなガラス張りの玄関がある南側。普通ではあり得ない民家

現在リノベーションを行っている「和島北野の家」・・・。
この家・・・南側がほぼ全面ガラスという希に見る古民家(築60年ですが)です。

続きを読む "気密性断熱性を考えない家と超高断熱の性能をミックスできたらもっと幸せ!"

| | コメント (0)

2012年10月13日 (土)

超高断熱 国認定Q値0.94W/m2K ネットゼロハウス「東新町の家」

Dsc08951 写真中央下に写っているのは、棟梁兼監督さんの宮崎さん。阿賀市の宮崎建築の若い棟梁。水平に伸びる軒の美しさ・・・。

耐震等級3という最高値を取得した超高断熱 国認定Q値0.94W/m2K ネットゼロハウス※「東新町の家」の上棟が終わりました。今日は大工さん5人(内一人は設計事務所さんの若い方)です。

※国の施策でネットハウスゼロ事業に採択された家。特に省エネ優れた建物しか採択されない。新潟県内では当事務所ともう1社のみ。国お墨付きの「「緑の家」。

続きを読む "超高断熱 国認定Q値0.94W/m2K ネットゼロハウス「東新町の家」"

| | コメント (2)

2012年10月12日 (金)

住宅用蓄電池とスマートハウス

Dsc08912

いきなり、見事にピントを外した写真・・・

今日現場で打ち合わせと工事監理に行った「秋葉の家」の屋根にいたカマキリです。

続きを読む "住宅用蓄電池とスマートハウス"

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

「超高断熱を止めてもよい」と感じさせる豊かな時空・・・

前回の記事と全く反対の題・・・冗談?いいえ本気である。

Dsc08788

黒い土の壁・・・黒い厚い木の床・・・

黒は光を吸収する・・・と言う事は全てを吸い込み受け入れる色。

超高断熱高気密の家を強くお勧めするオーブルデザインであるが、

最近、リノベーションで設計参加しているこの普通の古民家に惹かれる・・・。

続きを読む "「超高断熱を止めてもよい」と感じさせる豊かな時空・・・"

| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

なぜ超高断熱なのか?

新幹線の移動中に書いております。随時更新します・・・。

5年前(2007年)からオーブルデザインでは超高断熱をお勧めしてきました。なぜ超高断熱をお勧めして来たか・・・

ブログをよく読んで頂いている人はおわかりでしょうが、CO2防止や地球温暖化防止のためではありません。2007年から20年後、その頃はエネルギー代が2倍になっていると予想されるので、20年後を見据えた家造りをしているのです。

続きを読む "なぜ超高断熱なのか?"

| | コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

新潟一般住宅で最高の断熱性    超高断熱Q値0.98W/m2Kの「緑の家」   秋の完成見学会 28、29日

お待たせしました。秋の完成見学会のご案内です。

邸名:すみれ野の家

場所:新潟市北区 こちら 豊栄SA(ETC専用)降りて3分

日時:10月28日(日)、29日(月)平日 いずれも10時~17時

周囲環境により予約必要です。各90分間隔です。
(時間は大凡です。駐車場が限られますのでご理解をお願いします。)

ご予約はメール又はお電話、FAX(注 送付先メールアドレス要確認)

  28日(日) 29日(月)
10時00分~11時30分

12時30分~14時00分
14時00分~15時30分
15時30分~17時00分
○:有、△:残少、×:無    

Dsc08814

・・・ただ現場はまだ足場がかかったまま・・・

一抹の不安がのこります。

続きを読む "新潟一般住宅で最高の断熱性    超高断熱Q値0.98W/m2Kの「緑の家」   秋の完成見学会 28、29日"

| | コメント (0)

2012年10月 3日 (水)

ネット・ゼロ・エネルギー版「緑の家」の基礎工事②

Dsc08735

昨日は基礎のコンクリート打込みの日。
新発田市からニノックススキー場のある二王子岳を見ると、低い雲が・・・

続きを読む "ネット・ゼロ・エネルギー版「緑の家」の基礎工事②"

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »