« 大正6年築の建物を見る・・・その2 | トップページ | 土曜日、日曜日に聞かれたこと・・・    耐震性の重要性 »

2012年8月28日 (火)

酷暑・・・もう一息の辛抱です。        新潟で超高断熱の夏の家から

Dsc08244 「緑の家」の基本的な外構テクスチャー。丸砂利、コンクリート、PC板、自然丸石そして緑・・・。

昨年完成した「緑の家」に伺って来ました。

Dsc08243 西側ファサード。大きい窓にも特に簾がない・・・が室内は大変快適とのこと

自然色(空、木々、雲の組み合わせ)だから・・・紺の外壁に木が映えます。こんな酷暑で心配していたシンボルツリーも元気です。

基礎高が高い「緑の家」なのに玄関はこんなに低い位置(右側人が玄関前にいます)。デザイン的に低い玄関がふさわしい場合は、このような入り方になります。

Dsc08245 キッチンの上にある温湿度計。通常の場所より5%程度湿度が高めに表示されるので、実際は50%程度。湿度が無いので暑くない。不思議な超高断熱住宅。

勘違いが無ければ7~8月の電気代は約5千円程度だとの事です。これはちょっと少なすぎです。

一応全館24時間冷房で(エアコンの掃除のため深夜約2時間はOFFだったとのこと)、この料金ですから相当凄いコストパフォーマンスです(但し8月は実質一人だったとのこと)。無論オール電化で、太陽光発電は無い建物です。

Dsc08246

帰り道で子供町内祭りが車の前を横切りました。時間は午後2時頃・・・暑いなかですがとても楽しそうです茹だってます。

|

« 大正6年築の建物を見る・・・その2 | トップページ | 土曜日、日曜日に聞かれたこと・・・    耐震性の重要性 »

家の設計 住宅設計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大正6年築の建物を見る・・・その2 | トップページ | 土曜日、日曜日に聞かれたこと・・・    耐震性の重要性 »