« 補助金の申請をします。 | トップページ | 東桂苑 関川村④ デザインは彫金・鍛金 »

2012年6月 1日 (金)

東桂苑 関川村③ 美しいのはやはり緑と家

今週も来週も図面作業が沢山あり大変ですが、ブログは息抜きには最高の業務ですので、忙しいときほど書いてしまいます(笑)。

Dsc07147 階段を上がった時に見える「客室の」空間。

私が美しいと思うのは・・・

やはり建物と緑の調和です。

Dsc07148長細く開いているところは、戸の開いた部分。この幾何学的模様・・・フランクロイドライトが見たら絶賛するな~。きっと・・・

震えますね。この窓・・・

この建物の管理者が多分設定したこの戸の「開け方」・・・

これ以上の見え方が無い。緑が枠で切り取られどんな絵画でも表せないこの光と影、風と緑・・・。絶妙で、もう最高です。

どうして昔の人はこんなにセンスが良いのでしょう。ただただ関心します。これが名もない大工だったとは・・・(実際は有名な人だと思うが記録されていない)。

そしてもしこの窓先がビルだったらこうは見えないでしょう。やはり建築物には緑が必要です。

人の目は瞬時に凄い露出補正ができますが、カメラはそうはいきませんので2枚露出を変えて取ることで始めて人が感じた空間と近くなります。

Dsc07151

Dsc07154

上は窓外を見た時に簡易感じる空間で、下は内部の肘掛け窓に視線を移した時に感じる空間です。

下の写真中手すりにある丸穴は、木の節で、これをわざとデザインにしているところが大工のセンスです。最初から抜いてあったような加工が施されております。

|

« 補助金の申請をします。 | トップページ | 東桂苑 関川村④ デザインは彫金・鍛金 »

家の論評、業界裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 補助金の申請をします。 | トップページ | 東桂苑 関川村④ デザインは彫金・鍛金 »