« 新潟の超高断熱高気密の家から   夏の冷房費を含んだ電気代 | トップページ | 寺泊の海  冬の始まりと造り付け本棚 »

2011年10月 2日 (日)

2つほどご紹介 新潟の超高断熱

Photo_takeda_2 今回の原発事故でご活躍された「武田教授」が新潟市で公演されます。題目は

「環境問題の真実と新潟」です。この写真はそのパンプからの転載です。

主催は新潟県宅建協会新潟支部です。入場は無料ですが申し込み必要です。こちらから

http://www.niigata-takken.or.jp/takeda/

えーっと・・・単なる環境問題と思っていくと「えー何これ?」となります。

何しろ武田教授は「温暖化は結構、リサイクルはやめて燃やしたりそのまま破棄した方が今はよい」と今の常識や行政方針と真反対の事をいっております。いまの原発問題と全く同じスタンスです。そんな話をわざわざ聞きに行きたいと思う人はどうぞ(多分常識が変わるでしょう)。私は生武田にあいにいくつもりです(楽しみ♪)。

次に・・・

ケンプランツの南雄三氏のコラムから・・・
20年以上にわたり高断熱高気密推進してこられた南雄三氏がなんと

「高断熱の義務化は反対」

といっています。真意は・・・内容を読むと・・・

私もその通りだと思います。

コラムは↓です。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20110914/552680/?P=1

最近なぜ高気密高断熱が必要かがなおざりになっています。聴いたところ話で恐縮ですが、ある大手メーカーの家(次世代断熱基準)に住み始めたところ、寝室横のクローゼットが湿気によるカビで洋服を収納できずにいる話を伺いました。よく聴くと、何んと家中暖房しておらずクローゼットは冷えたままで、リビングだけ暖めて冬を暮らしているらしいです。

これではカビが生えるでしょう。この原因が瞬時にわからない人はこの南雄三氏の連載コラムを読むと良いと思います。当HPでもここで紹介してます。

|

« 新潟の超高断熱高気密の家から   夏の冷房費を含んだ電気代 | トップページ | 寺泊の海  冬の始まりと造り付け本棚 »

家の論評、業界裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟の超高断熱高気密の家から   夏の冷房費を含んだ電気代 | トップページ | 寺泊の海  冬の始まりと造り付け本棚 »