« 国認定で県内最高の断熱性 Q値0.83W/m2k  その④ | トップページ | R2000から・・・R2000+(プラス)へ その③ 窓 »

2011年9月 9日 (金)

R2000から・・・R2000+(プラス)へ その② 過去

Dsc02884


この新聞の見出し・・・

「超高気密・高断熱の住宅」

そして・・・

特集 「R-2000住宅」

日付・・・

1991年5月31日

Dsc02887


この新聞の中頃には

上野住宅建材(株)さんの全面広告・・・

文字が小さいですがここには

「全国に先駆けてR-2000」実験住宅一般公開

「カナダの・・・と、2×4協会と・・・、新大の・・・ 指導協力のもと・・・」

(以下略)

先の紹介した内容を裏付ける新聞広告が残ってます。

なんと22年前です。つまり23年以上前に超高気密高断熱住宅(R2000)は既にあったのですね。

Dsc02886この窓の性能を見てください。22年前で1.5kcal/m2K(1.7W /m2K)。すごい性能の窓を勧めていたものですね。

当HPトップや、いつも申し上げておりますが、

家造りで最も大事なことの一つに

「過去が重要」

と言っております。

過去はその企業や個人の信用です。

「何を今まで提供してきたか?」

「それは提供者、世の中のためになったのか?」

23年前にこれだけの物を勧めた「上野住宅建材さん」・・・すごい会社です。

今とても優れているTOP企業は過去をとても大事にします。

過去があってこそ現在があり、過去を否定する事は今を否定する事になるからです。

当HPも過去13年分がほぼすべて記録が残ってます。

これは自慢です。ほとんどの住宅メーカー、施工会社のHPには過去がありません。

過去を消し去る・・・情けないことです。

そんなR2000住宅ですが、今23年経ち、その間追加エアコンやストーブなど気密を悪化させる工事が多々あったので、このリノベーションに先立ち現在の建物の気密性能をチェックしました(皆さん興味があるでしょう?)。

Dsc03017


その③でご紹介します。

|

« 国認定で県内最高の断熱性 Q値0.83W/m2k  その④ | トップページ | R2000から・・・R2000+(プラス)へ その③ 窓 »

築100年の「て・こあ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国認定で県内最高の断熱性 Q値0.83W/m2k  その④ | トップページ | R2000から・・・R2000+(プラス)へ その③ 窓 »