« 新潟 家造りに最も大事にしたことは「独立性・・・」かな? | トップページ | うれしいです。 »

2011年5月 6日 (金)

超高断熱 Q値0.99W/m2k(国認定)のエネルギー「ゼロ」+(プラス)の家

Dsc01778

最近のガルバニューム外壁の家は、まっ白がスタンダートになりつつあります。
そういえばIフォンも最近「白」が追加発売されたりしていますね。いつの時代でも白は特別色です。

Dsc01772

「緑の家」の外観は、どちらかというと三角屋根のスタンダートな外観が多いのですが、こちらの上須頃の家は正面から見るとこのような四角い意匠です。また北側であるため窓は少なめ、より白い大きい壁が目立ちます。

入り口は以前からご紹介しているとおり、季節風の影響がが少ない東側で、引き寄せられる雰囲気の意匠としてます。・・・足場があると何となく前衛的な住宅みたいでこれも良い感じです。

Dsc01780 SANYO製約8KWの太陽光発電もきっちり載り、家に対しこの大きさが載ると自立型住宅に見えてきます。雪は南庭に滑らせ効率優先で考えます。落雪処理のため井戸を掘る予定もあるとオーナーはおっしゃっておりました。

Dsc01781 分譲地に家が立ち並ぶ中、南側に設けた大屋根はその理由がはっきりとわかります。またコンパクトな家ほど窓の位置を揃えてすっきり感を計画します。

エネルギー「0」+(プラス)についてはこちらのブログをご覧下さい。

|

« 新潟 家造りに最も大事にしたことは「独立性・・・」かな? | トップページ | うれしいです。 »

超高断熱、無暖房、パッシブ、Q1、気密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟 家造りに最も大事にしたことは「独立性・・・」かな? | トップページ | うれしいです。 »