« 筆休め オーブルの道具② | トップページ | 超高断熱 Q値0.99W/m2k(国認定)のエネルギー「ゼロ」+(プラス)の家 »

2011年5月 6日 (金)

新潟 家造りに最も大事にしたことは「独立性・・・」かな?

私は新潟県内では殆どない「独立」した設計者です。

なにそれ?

と思われる方がいるとおもいます。

過去14年の事務所の売り上げの95%は建て主さんから設計工事監理料です。普通は同業者間で仕事のやりとりがありますが、当事務所では皆無です。

実はこれが一番の強み(建て主さん側に立てる設計者)なのです。

今回の原発事故関連で様々な問題が露呈しました。

なんと言っても大きいのが、SPEEDI等の放射線の

「情報はねじ曲げられるし、黙殺される」

事でした。

1305748_0315_05_2 文科省SPEEDIによる3月15日の予報。これが3月14日に隠すことなく発表されれば飯舘村の人の被爆は相当防げたはず・・・。

芸能業界では「東電の悪口を言うとTV業界から干される」とっ言った事をブログで正直に書いているタレントさんがいますし、確かにTVの報道はこの原発事故以後おかしかったと言えます。電力業界だけで、あのトヨタと同じかそれ以上のCM料金を払っていますが、元々地域独占企業の電力会社が宣伝すること自体おかしな事です。例えば町の水道局が「安全な水だから町の水使って、よその町の水は使わないでね」と宣伝しているようなものですから・・・。 独占ですから他の町の水はつかえません。これは電力も同じです。

さて当事務所の家の造りの情報のブログは決して誇張している事はありません。きっと「完全独立」しているから好きなことが言えるだけです。最近立ち寄るようになったブログ主の「武田教授」もきっと国のお金(補助金)が無くても出版する本の印税だけで問題ないから国に対して「歯に衣着せぬ」表現なのでしょう。でもこれは学者にとってとっても大事なことです。

弁護士だって訴訟相手が親しい知りあいだったり、現在仕事をもらっている関係であればその弁護を避けるでしょう。同じ事です。

さて、冒頭申し上げたとおり普通は、建設業界のしがらみ(仕事をもらっていたりだしていたり)があるのでキツイコトは言えません。だからしがらみのない当事務所の発信する情報がきつく見えるのです。例えば・・・

先日申し上げたとおり、基礎の配筋のかぶり厚が足りない事は法律違反と言いましたが、これも当事務所が同業者から仕事(お金)をもらっていないので言える事なのです。

この工事現場にも工事監理者がいますからその人にはとってはとても厳しい指摘です。だって今更のやり直しは全て壊さなければなりませんから。もしその工事監理者が仕事をもらう建設会社だったらそんな事は言えません。黙っている事になる可能性は高いはずです。今のTV界のように・・・。勿論東電の株主だったりする事も大きな理由です。

でもそれは楽しい事でしょうか(正しいと言うと反対されるので最近は楽しいか楽しくないかで分けてます)?楽しくないでしょうね。自分の意志とは別の事をしなければならない時ほどつまらない時はありません。

と言うことで当事務所は建設業界にしがらみがないので、建て主さん側に立てる希有な設計事務所なのですね。だからどの仕事も楽しいです。 ありがたい事です。

|

« 筆休め オーブルの道具② | トップページ | 超高断熱 Q値0.99W/m2k(国認定)のエネルギー「ゼロ」+(プラス)の家 »

家の論評、業界裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筆休め オーブルの道具② | トップページ | 超高断熱 Q値0.99W/m2k(国認定)のエネルギー「ゼロ」+(プラス)の家 »