« 新潟の家から 新年から木の事  | トップページ | 新潟県でのエアコン暖房の使い方 2011年編① »

2011年1月 6日 (木)

Q値に関する断熱、換気の基本④ 番外編 風呂の換気

2013年11月27日緑字修正 お風呂場の乾燥はCFで

今の季節、入浴後の浴室の換気扇はどのように使いますか?

Dsc00324 実家のお風呂場室温と湿度。窓は全閉。換気扇はOFF状態。この時外気は1.2度で雪がちらついていた。

正月なので実家のお風呂を使う機会がありました。使用後どのように乾燥させているか聞いたところ・・・

二重サッシがある在来(UBではない)風呂場ですが、30年前の家なのでやはり室温9.9度と低い状態です。それでも外気1.2度より9度も暖たかいのですが、母はいつもお風呂場の窓を開けて換気扇をONしています。その理由をきくと・・・

「昔から冬でも窓を開けたほうが物が乾くと習った。暖かい空気を逃がし冷たい空気にすると乾くと思っている」

とのことです。これは正しい事と間違っていることが混在してます。

①冷たい空気(外気)は乾燥している→正しい

②冷たい空気で物は乾きやすい→間違っている※

ですね。

※概ね間違い。また風速も物が乾くための大きな因子ですが、これは話がややこしくなるので省きます。

31 ①は何度もご紹介している空気の湿り線図を見ればわかりますが、空気は冷たくなるほど水蒸気を含む事ができません。よって今日の外気温1.2度で雪がちらつく湿度85%だとしても、お風呂場の10度湿度50%より空気中の湿気は0.68g/kgも少ないのですね。だから正しいです。

②は空気中の湿気が少ない方が乾きやすいということはそのとおりですが、その湿気絶対量より、相対的な水蒸気圧(相対湿度でもよい)と温度のほうが大きく影響します。つまり液体である水が気化(蒸発)するためにはどうしても「熱」が必要です。この熱は近くに熱源が無ければ周囲の空気から奪ってくるのが普通です。この奪ってくる熱を気化熱と呼びますが、無論熱が供給されやすい(気温が高い)ほうが水分は気化します=乾きます。
身近にある体験では・・・ 「新潟で冬の時期の洗濯物は、暖房している部屋だと直ぐ乾く。しかし外で干しても(暖房していないところに干しても)あまり乾かない。」
ですね。
これを間違えてとらえて
「乾かない→だから外は湿気がある」
と思っている人も大変多いのではないでしょうか?

窓を開けないで9度の室温のほうが熱は供給されやすく、且つ相対湿度も低いので水蒸気圧の差ができ乾き易くなります。まとめると、

新潟の冬でお風呂場の乾燥は・・・

「窓を閉めて換気扇をON」が基本です。

例え高気密高断熱の住まいでなくともこれは同じです。

しかし24時間空調された高性能の家ではCFで浴室乾燥の方が良いでしょう。

このような「浴室が乾くため事」=「基本的な生活関連のこと」は是非家庭科等の授業でしっかりと教えてほしいと願ってます。

PS
冬晴れる関東では窓を開けたほうが良く乾く家もあるかもしれません。
以前もご紹介したように暖かい「空気=湿気がある」までは正しいのですが、温度が高く湿気が空気中に多くあっても相対湿度を低くすれば(換気扇ON)、乾きやすい環境となります。

|

« 新潟の家から 新年から木の事  | トップページ | 新潟県でのエアコン暖房の使い方 2011年編① »

換気 空気質 」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
宮崎で家を建てようと考えているものです。
こちらのブログは素人にも分かりやすく書かれていて、
更新も頻繁でとても勉強になるので、いつも拝見させて
いただいてます。

さて、以前紹介されていたこちらのデジタル温湿度計ですが、
田舎に住んでいるため売っているような店も近くになく、
ネットで探しても見つけることができませんでした。
差し支えなければ、購入先を教えていただけるとありがたい
のですが。。。

初めてのコメントがこのような質問で申し訳ありません。

投稿: 南国 | 2011年1月 7日 (金) 09時52分

南国様

いえいえ、(*^-^) コメントありがとうございます。
また評価を頂き感謝です。

まずこちらで常時入手可能です。
http://www.cubancigar.jp/eshopdo/refer/cid2s18m0.html

このページも面白いです。
http://cubancigar.jp/blog/?p=471

また個人輸入(セカイモン)でも購入可能ですが、この場合は数本まとめて買わないとあまりメリットありません。

宮崎県・・・
新潟県から見れば暖かいくてうらやましいですね。良い家になることを願っております。

投稿: オーブルの浅間です。 | 2011年1月 7日 (金) 12時15分

快く教えていただきありがとうございます。
早速注文しました。

湿度計の調整方法も面白いですね。
湿度計が届いたら試してみようと思います。

確かに、こちらは新潟県に比べると暖かいのですが、
それゆえに温熱環境に配慮した設計事務所がとても少なく、
その点で苦労しています。

投稿: 南国 | 2011年1月 8日 (土) 09時42分

こんにちは☆
SSプランのKです。本年もよろしくお願いしますm(_ _)m

お風呂の換気ですが今の時期、湿度が50%以下なので
換気扇をまわさず戸を開けっ放しにするというのはいかがでしょう?

一応、加湿器もつけておりますが中々湿度が上がりません・・・
(エアコンつけると特に。)

ご教授よろしくお願いいたします♪

投稿: あずき | 2011年1月 8日 (土) 11時45分

南国様
 
コメントありがとうございます。
南国さんの南国から便りだけでも気持ちが明るくなります。

今年に入ってから新潟県の海岸平野部では大荒れはありませんが、何しろ太陽が拝めない日ばかりですので、「南国」という言葉を聞いただけで暖かくなります。

投稿: オーブルの浅間です。 | 2011年1月 8日 (土) 12時37分

あずき様

コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、SSプランの場合(床下暖房採用の1階のお風呂)は、水蒸気を含む空気をとるための1時間ほどで換気で十分です。その後は切ってしまったほうがよいでしょう。下にも書かれてますが・・・
http://arbre-d.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/q-3806.html
後はケースバイケースで最初から換気扇なしの浴室戸開で浴室が乾き、他の部屋の相対湿度も55%を超えなければその使用法でもよいかと思います。

使用している換気扇は全熱交換型ですから、湿度が下がりすぎることは少ないと思われますが、それでも相対湿度が下がりすぎている場合(40%以下)は、少々換気過多か、室内発生水蒸気量が不足かもしれません。

吹き抜け1台、寝室1台のみONで後はOFFしてみては如何でしょうか?いずれも「弱」運転で。もし必要とならCO2濃度チェッカーをお貸しますのでこちらをチェックしながら換気量を調節して下さい。

投稿: オーブルの浅間です。 | 2011年1月 8日 (土) 12時51分

温湿度計が届きました。
色んな場所の温湿度の計測をして楽しんでいるところです。
ありがとうございました。

湿度計の調整についてですが、説明書の注意書きに、濡れた
タオルでくるんだり、「salt test」をしたりしないようにと書いて
ありました。
試せないのはちょっと残念ですが、それで不具合が出たらと
考えると怖いので、説明書に従いたいと思います。

投稿: 南国 | 2011年1月11日 (火) 10時23分

南国様

コメントありがとうございます。

なるほど、注意書きにそのような文言がありましたか・・・。

もしお手元に他の湿度計があればこのカリバーと一緒の所に置いておくとその数値の違いがわかり、その相対差で他の湿度計もある程度目安に利用できます。

特に夏は面白いです。きっと「おっ」と思うような場所もあるでしょう。では計測ライフを楽しんで下さい。

投稿: オーブルの浅間です。 | 2011年1月11日 (火) 12時51分

 我が家はSプランですが、当初は冬場の低い湿度の威力に驚きました(静電気が本当にマンガみたいに青白くスパークする現象や、冬でも乾く洗濯物、鼻の乾き等)低湿度生活に体も順応してきたようです。
 冬場のお風呂の換気ですが、うちでは常時換気扇OFFです。なぜなら、せっかく温めた貴重な室内の空気を風呂場の乾燥のためだけに捨てたくないという考えからです。しかしカビ防止のために扇風機を脱衣所から風呂場に向けて回します。そうするとジェットエンジンの逆噴射と同じ作用が起こり、風呂場の湿った空気が室内に排出され風呂場は急速に乾燥されます。この作用はかなり強力で、1時間も強で回せば、風呂場は完全に乾燥します。室内の湿度はたいして上昇しません。
 念のため、空気が動いているとカビが発生しにくいので、乾いた後も「弱」で回しています。そうすると風呂の窓の結露も発生しませんし、洗濯物も干せます。浴室に熱風を吹き込み乾燥室にするシステムもあるようですが、扇風機が一台あれば、浴室が乾燥室に早変わりです。扇風機は四角いボックス型がいろいろ使えて便利
です。

投稿: poruko | 2011年1月12日 (水) 17時59分

このアイディア・・・。

poruko様

実はオーブルの最近のSSプラン普及タイプではこの循環扇を各個室や居室に採用しております。でもお風呂までは気がつきませんでした。このアイディアは使わせて頂きたいと思います。

いつも素晴らしい発想に感謝です。

投稿: オーブルの浅間です。 | 2011年1月12日 (水) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟の家から 新年から木の事  | トップページ | 新潟県でのエアコン暖房の使い方 2011年編① »