« 新潟の家 様々な形 無塗装の木の外壁2件と4層住宅 | トップページ | 20万アクセス・・・ »

2011年1月29日 (土)

新潟県でのエアコン暖房の使い方 2011年編③ 今年の雪と気温

今日の明け方三条市では氷点下6度と今期最低を記録してます。9時でもまだ氷点下2度くらいですが、外は思ったほど寒くはありません。風が強い0~2度くらいの気温の方が寒く感じます。

Dsc00666さて、三条市では降雪量が多くなって来ました。特に事務所建物の屋上では80cmくらいでパラボラアンテナは雪の中。エアコンの室外機も埋まりそうです。

Dsc00664 こんな感じでほぼ埋まっていますが、近くによると・・・・

Dsc00668としっかり屋根の効果があり、氷結することなく稼動してます(温風も維持できます)。今年の事務所はエアコン暖房しかしておりませんので特にこのようにエアコンの室外機の屋根はとっても大事です。

エアコン暖房を雪国で考えている人は、この対策をしないと氷結し効率はおち、故障の原因にもなります(雪国ではこの対策をしなかった事がエアコンの暖房の評価を悪くした一因)。

事務所では室外機を屋上の床に直接置いているので、このまま降り続ければ埋まってしまうため少し掘り起こしました。埋まると廻りが窪んでいることで冷気がたまりやすくなり効率がおちます。

今年の1月は寒いです。しかしいろんな人に聞いても、
「例年とそんなにかわりないよ」
と言ってますが、私はそう感じないのでしらべてみると・・・

このようにデータに表れており(下の表は各年の1月の気温)、

232

青い線が今年の一月です。やはり寒いですね。特に上旬以降最高気温が一度も5度以上にならない一月です。つまり殆ど晴れの日はないと言うことですね。また平均気温も低くエアコンの効率が下がり気味です。ですので屋根や囲いをしっかり作って更なる効率低下を防止しましょう。

|

« 新潟の家 様々な形 無塗装の木の外壁2件と4層住宅 | トップページ | 20万アクセス・・・ »

空調・エアコン 薪ストーブ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟の家 様々な形 無塗装の木の外壁2件と4層住宅 | トップページ | 20万アクセス・・・ »