« 新潟の自然素材の家 寺泊から 今日の海 | トップページ | 新潟超高断熱高気密の家  アルミサッシの終焉 説明編 »

2010年5月31日 (月)

新潟の自然素材の家 論より証拠 20年経た樹脂サッシ

先日、「これからは樹脂サッシだ!アルミ樹脂複合サッシは賞味期限間近品だ!」と宣言しました。そうしたらその記事に貴重なコメントを建て主さんから頂きました。

「樹脂サッシは紫外線劣化するので心配」
なるほど!普通はそう考えますよね。そこで論より証拠。
P1130204
はい。拙宅の20年経過した樹脂サッシです。その上のアイアンウッドのすだれ掛け(夏限定)がこだわり。この窓は西の海に面しており、水面で反射した紫外線とダブルで当たる、また冬は風速30m/sが吹き付ける県内でも最も過酷な場所です。ですがサッシ表面は未だツルツルです。
どこが一番痛んでいるか?それは・・・
P1130197 サッシの下に錆び汁跡がありますね。
P1130196 そのサッシの戸を開けるとこんな感じです。黒い線はパッキン1で、黒い線跡は押しつけられているパッキン2の跡です。そして錆び汁跡もあります。樹脂部分はしっかりしているでしょ。パッキン跡が残るということはそろそろパッキン寿命です。
P1130191 錆びの原因は家の真ん前の「海」です(笑)。・・・ではなく、このようなサッシ付属品のステー(金物)はステンレス製なので以外と大丈夫。実は錆びはこのステーを樹脂に留めているビス受けの内部金物なのです。とはいっても樹脂内部にあるので表面からわかりません。そこから錆びがでているのです。これは樹脂内部なので部品交換できません。サッシ全体の交換になります。

あっ、パッキンより外側は外部なので一度も掃除したことがありませんのでちょっとカビっぽいですね。

P1130198 樹脂部分のアップです。どうですか?エッジの一番痛みやすい部分のです。しっかり角がアールでしょ。黒い線はヒビではなくただのこすり跡や傷ですが、傷が目立つということは表面がまだツルツルなのです。20年前でもすでに塩ビ(樹脂サッシの原料)の耐紫外線劣化防止剤は相当優秀です。

いやー20年後の住宅をアップで写すなんて、オーブルデザインだからですね。普通のメーカーさんや工務店さんには絶対あり得ない写真です。
自信があるのです。自宅を(家を)愛しているのでこの時間が経った雰囲気がすきなんですね。浅間は少し(大変?)変わってます。でも家って愛着があればとても長く大事にされるのです。

P1130206 P1130207 因みに10年ちょっと経ったご近所さんの海側の外壁と換気扇フードと軒裏はこんな感じです。引き合いに出してしまってすみません。

まとめです。
このとおり今のサッシの寿命は20年から30年。これは樹脂の寿命というより付属品の寿命なのでアルミサッシも同じ寿命ですね。だから緑の家SSプランではサッシ交換が簡単に可能なように取り外し枠がついているのです。これが70年以上(100年)家を保たせるまじめな解なのです。超高気密住宅に20年も住んでいる建築士だからわかる事です。

大手ハウスメーカーさんは外壁に力を入れてますが、実はサッシの交換の方が大変な工事になります。外壁を壊さないとサッシ交換できない構造だから・・・。
外壁にお金を沢山かけるのは、家の寿命が30年だった今までの住宅で、これからの長寿命住宅は、サッシの交換が簡単なように考える事がメンテナンスコスト削減の上で大変重要なのです。

|

« 新潟の自然素材の家 寺泊から 今日の海 | トップページ | 新潟超高断熱高気密の家  アルミサッシの終焉 説明編 »

家の設計 住宅設計」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。群馬でもうすぐ着工のTと申します。

樹脂サッシ参入の大手アルミサッシメーカー、もしさしつかえなければ教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

投稿: | 2010年6月 2日 (水) 20時14分

はじめまして。群馬でもうすぐ着工のTと申します。

樹脂サッシ参入の大手アルミサッシメーカー、もしさしつかえなければ教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

投稿: T | 2010年6月 2日 (水) 21時30分

T様 ご投稿感謝したします。

メーカーはアルミ大手Y、Tの「2社」共です。
大手アルミメーカーも樹脂サッシは(OEMを含めて)25年以上前から樹脂サッシを投入しております。
が、が必要性がほとんど無かったことと、流通のある理由、また投資の集中でアルミ主体の販売となりました。

この件のお問い合わせは実は数人の方からあり、いずれもアルミから樹脂にしたいようなお話です。
そこでなぜ今まで樹脂サッシが高かったか流通の理由をブログに記載しますのでそれをご覧ください。

投稿: オーブル浅間 | 2010年6月 3日 (木) 04時33分

勉強させてもらっています。サッシ交換が可能な窓、メンテナンスを考慮した高基礎など長く住んでいける家の条件を研究して実践されている姿勢はいつも感服です。私も樹脂サッシのことを近所のハウスメーカーの営業さんに話したら、即、樹脂サッシは紫外線に弱いからもたない。アルミの方がもつと言っていました。覚えたことを述べているだけで、実証的ではないわけです。樹脂サッシの長期使用実証サンプルがもっとあると良いと思いました。

投稿: kotaro | 2010年6月 3日 (木) 07時28分

kotaro様

いつもコメントありがとうございます。
樹脂サッシの歴史は随分古く、本来紫外線劣化問題は既にクリアーになっているので、業界ではサンプルを示す必要性がないと言うことなのでしょう。・・・と勝手(^-^;に想像しております。

投稿: | 2010年6月 4日 (金) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟の自然素材の家 寺泊から 今日の海 | トップページ | 新潟超高断熱高気密の家  アルミサッシの終焉 説明編 »