« 最近の事 敷地調査・相談・自然共生住宅・朱鷺等 | トップページ | 民家の涼しさを検証する・・・大地露出構造 »

2010年4月11日 (日)

超断熱住宅における冬の洗濯物④ 新潟の自然素材の家から

超高断熱住宅における冬(夏)の洗濯物のお話も最後です。その4は・・・

まず最初に・・・超高断熱で夏の冷房のお話をすると、

「この工法は○×といって夏でも昔の民家みたいに涼しいよ」

と胸を張っておっしゃっている建設会社や工務店さんがいらっしゃいます。

???です。昔の民家はその工法だけで涼しいわけではありません。周囲の環境もとても重要です。昔の民家の周りには近所はなく裏に山や田んぼがあったりします。その山や田んぼの緑で冷やされた(ご存じ気化熱です)空気が、家中に呼び込める環境があったからこそ涼しく過ごせる事も可能でした。むろん住んでいる人もステテコにランニングシャツと軽装で通風の抵抗となる網戸も皆無でしたし・・・。それを無視して工法だけ工夫すれば涼しい家ができるなんて都合の良い解釈は、家の設計者、提供者として失格です。襟元の閉まった服装や長ズボンを身につけるような現代の生活では、仮に昔と同じ室温、湿度でも不快に感じてしまいます。
都市部では特に暑い日ほど夜も温度が下がりにくいので夜間通風さえも期待できません。←その論文です(たった2%の効果)。

さて昨日の続きです。

おさらい・・・

エアコンは空気だけを冷やしているのではなく湿気を除去するのに半分もの電気エネルギーを使用しているのですね。

それが前提でようやく換気扇の話になります。
顕熱交換型換気扇は温度だけを交換します。つまり折角全エネルギーの半分ものエネルギーを使って除湿した空気をそのまま捨てているのです。数値で表すと

顕熱交換率80%の顕熱交換換気扇は、実際には80%×0.5=全熱回収率40%
↑一昨日のエアコンは半分は除湿(潜熱)負荷なので0.5とした。

顕熱交換率70%、潜熱交換率50%の全熱交換換気扇は
70%×0.5=35% + 50%×0.5=25% →全熱回収率60%

全熱交換型換気扇の方が1.5倍も熱回収効率がよいのですね。

更に全熱交換換気扇の方が湿度を空気を冷やしすぎること無く下げる事ができます。つまり温度が高くてもカラッとした空気になりやすいのです。

夏にありがちな冷房病は低温高湿で起きやすく高温低湿の環境では起きにくいと言われてます。確かに夏に湿度が高い日本(新潟)より、湿度が低い中東(カイロ等)の夏の方が過ごしやすいですね。

さて、冷房中の家でどこに洗濯物を干すか?
ここまで連続第四回にお付き合いして頂いた方なら何となくわかりますよね。それは・・・

「排気用換気扇の近くで干す」事です。

例えば換気扇が動いている浴室内とか・・・夏は浴室換気扇を連続or4時間以上ON。

洗濯物が乾く時、空気から熱を奪います。これで冷やされた空気は下へゆっくり下がります。一方気化した水は湿気(潜熱)となって均一に広がろうとしますから、これを排気用換気扇で広がる前にできるだけ排出するのです。すると顕熱は冷やされ潜熱だけ排出されやすく、家の冷房効果が上がります。大きな効果は無いですが理屈ではこの方法が良いですね。普段も何となく排気用換気扇の近くで干しますが、これは夏が効果的で冬はあまり関係ないと言うより、逆効果になります(家中暖房する前提・開放型ストーブは論外)。

さて、ここまで4回で「超断熱住宅における冬の洗濯物」についてお話ししました。こんな理論的な話はつまらないと思いますが、設計者にとって理論は設計の拠り所となります。

最後にネットで見つけた個人ブログで、ある有名な工務店さんで家を建てた日記がありました。スラブヒーター(床下暖房)というキーワードで入ったのでそのページを見ると、
「新築後直ぐにスラブヒーターが工務店の説明とは違い、冬暖かくならなかった。メーカーにも来てもらったが機器は正常だがやはり家は暖かくない。そこで工務店さんは薪ストーブを代わりに用意してくださった。とてもありがたかった。」とありました。
普通は「いい工務店だね」となるのですが、技術者の私から見れば「建て主に原因を不明にして、追加で暖房機をもらってっも、この先暖房費を払うのは建て主さん。仮に暖房費を負担してくれてもあたりまえ。多分原因は、高断熱高気密性能がしっかり出ていなかったので、想定したヒーター容量では暖まらなかったのだろう。これは設計と施工のミス。」となります。ここから見ても・・・
まず理論、次に実践(施工)、検証という事がわかります

|

« 最近の事 敷地調査・相談・自然共生住宅・朱鷺等 | トップページ | 民家の涼しさを検証する・・・大地露出構造 »

家の論評、業界裏話」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに春満喫のよい天気の今日です。散歩から帰ってのんびりネット巡りをしています。洗濯物の話や性能の話をきちんと数字の裏付けをつけて説明していただきとても勉強になります。しかしこれから家を作ろうとする者にとって、性能は基本ですが性能のみではないという気持ちもあります。性能を踏まえて、感覚を満たす家が欲しい贅沢を求めます。ホームページで浅間様の過去の作品を見ることができますが、月に1,2度は、施主の希望を叶えるために設計、デザイン、建築上で苦労した話や、工夫の結果を紹介していただけると良いなとおもいます。柏崎T邸などは原点の一つのように感じられます。

投稿: kotaro | 2010年4月11日 (日) 13時06分

kotaro様

お立ち寄り感謝します。またコメントありがとうございます。

おっしゃるとおりですね。
最近は性能の話ばかりがとても多かったです。実は断熱性能への固執は20年前ほどにもありました。当時は高気密性能がどのくらいあれば良いのか?をめぐり気密性能を常にC値0.9以下にする事に力を注いでました(よって過去13年で98%0.9以下です)。その後15年間は、緑の家の基本仕様の高基礎と無垢材を無塗装、木組み露出、所員教育、構造に力をいれました。そちらの方ばかり気にしていると断熱性能の将来性がおろそかになり、4年くらい前に積水さんのシェダン発売で、これは如何と再び断熱性能に力を入れるようになりました。
あまり起用ではないので二つの事を同時にできない性格上偏り気味です。すみません・・・
再び家の目指す将来の性能値が決まったので今度はそれ以外を強く話題にしていきますね。
実は私は意匠系設計事務所出身なのでそちらが本来の得意分野です。こうご期待ください。

投稿: オーブル浅間 | 2010年4月12日 (月) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の事 敷地調査・相談・自然共生住宅・朱鷺等 | トップページ | 民家の涼しさを検証する・・・大地露出構造 »