« 新潟の自然素材の家 どうしても基礎に拘る。 | トップページ | 高断熱高気密用Q1用ソフト QPEX(キューペックス)の使い方 »

2010年3月22日 (月)

新潟の自然素材の家 寺泊から 昨日の海

昨日の荒れた海・・・

多分多くのひとは海に来るときは、「穏やかな海」「晴れた海」を見に来ますが、荒れた海もなかなかよいですよ。下に拙宅リビングから撮った映像を貼りますが、デジカメのMOVファイルで10MBありますので表示されまで時間が掛かります。

|

« 新潟の自然素材の家 どうしても基礎に拘る。 | トップページ | 高断熱高気密用Q1用ソフト QPEX(キューペックス)の使い方 »

事務所内外、ご近所 寺泊から」カテゴリの記事

コメント

今日はゆっくりと家で休んでいます。荒々しい海の映像を拝見しました。ご自宅から撮られた映像とのことですが、家に当たる潮風も相当なものと思います。だから昔は焼き杉などを外張りに使い耐久性を考えたのでしょうね。今でも地方に行くと見られますが。

投稿: kotaro | 2010年3月22日 (月) 15時07分

kotaro様

こんにちは。お立ち寄りとコメント感謝です。
私も定休日なので、いつも世話してくれる家族の代わりに犬(20歳です)の付き添いとお留守番と仮眠(毎夜一時間おきの老犬のトイレため)です。

日本海の潮風は半端ではありません。形ある物を全て砂に変えるこの力・・・。冬の半分はこんな海です。(^-^;

このような潮風の所は、「焼き杉」ではあっという間に表面が削られますので、海岸沿いでは使えません。炭化した木は柔らかいですので、その炭部分は一年でなくなります。
とにかく酸化も激しく、温泉地とおなじように建築物(人にも)には最も厳しい環境です。(;ω;)
だからこそ、物の本質が見えるときがあり、ただこの大自然に感謝です。

PS
私もこれ以上の原発増設には最近反対になりました。

投稿: オーブル浅間 | 2010年3月22日 (月) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟の自然素材の家 どうしても基礎に拘る。 | トップページ | 高断熱高気密用Q1用ソフト QPEX(キューペックス)の使い方 »