« 雪の降る新潟の家 預言者ではありませんが当たります。 | トップページ | 新潟の家 自然素材の木の外壁は屋根が必要です。 »

2009年12月21日 (月)

新潟の家での太陽光発電パネルと雪の計画

Sdim3994 緑の家に設置された4.5Kwの太陽光発電。
太陽光発電パネルは表面がガラスのため、勾配のある屋根に設置した場合、積もった雪が直ぐ滑ります。新潟市では多くの太陽光発電パネルが設置されてますが、雪の対策は充分ですか?発電効率を考えると、上写真のようにできる限り滑らせてしまったほうが早く発電効率が回復するので正しい設置ですね。
ですが、雪の滑った先が駐車場でしたら笑えません。6mも上から来る雪(の塊)の破壊力は結構ありますので車が壊れてしまいます。そんな対策を設計で考えてありますか?
海岸沿いの新潟市は雪に対してそんなに過敏に考えてないと思いますが、三条より内陸部は、雪の落下で様々な事故や問題を引き起こします。

下写真ような大手ハウスメーカーに見られるような平らな屋根に設置すると、雪が解けきるまで一部が雪に覆われ発電効率が極端に悪くなります。なるべくなら積もらないほうがよいですが、敷地にゆとりがない場合はやむ得ないですね。こちらのほうが安心です。
_sdi4579ただ長岡市のように雪が1m以上も降るところは、1月、2月はまるっきり発電不可ですね。とくにせっかくの2月以降は日射が多くなり、気温が低いので発電効率が上がってますからもったいないです。

|

« 雪の降る新潟の家 預言者ではありませんが当たります。 | トップページ | 新潟の家 自然素材の木の外壁は屋根が必要です。 »

太陽光発電、風力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の降る新潟の家 預言者ではありませんが当たります。 | トップページ | 新潟の家 自然素材の木の外壁は屋根が必要です。 »