« 新潟の家 超断熱SSプランの家が上棟 情報収集で価値のある家造りを | トップページ | 新潟 住まい 自然素材「緑の家」のナチュナルガーデン計画 »

2009年10月15日 (木)

新潟の家 長期優良住宅で耐震等級3の家 SSプランが上棟中

Sdim7149
出勤途中の風景で火曜日の早朝の朝焼けです。
遠くに靄がかかり幻想的です。この季節になるとよく見られる風景ですね。つい車を止めて撮りたくなりますが、この張詰めた空気までは撮れませんね。

Sdim7186
SSプランのK邸の屋根形状は南側に大きい部分があります。この所に太陽光発電約3.6Kw を載せます。

Sdim7158_2
上の写真は小屋裏部分です。床が既にありますね(2階ではありません。小屋裏です)。
この床が28mmの厚さがあり、2階をワンルーム空間にしても、耐震等級3が取れるポイントなのです。今回は32帖ワンルームが可能です。更に写真では床が光っています。この光っているものが、気密シート兼ベーパーバリアです。そしてこの上に約20cmのネオマフォームという建築材料中最高の断熱性を持つ素材を敷き詰めます。
よくベーパーバリアを省略する高気密高断熱施工がありますが、これは地震等があると気密性が大きく落ちることが知られてますが、このようなポリエチレン製の気密シートがあれば、ゆれにずれに追随しやすいので気密性が落ちにくいです。ピシッと綺麗に張られてます。

Sdim7198_2 さて、お待ちかねの背の高い基礎ですね。下の写真はこの基礎の中を撮ったものです。基礎内部の半分は設備室(床下暖房)、残り半分は収納です。
大工さんの角刈りと鉢巻・・・見るからに職人!最高に似合ってます。

Sdim7172四角い穴は「人通口」と呼ばれるメンテナンス時に人が通る穴です。応力のかからない1/4のところにあります。50cm角ありますが、まだこの余裕。たいした基礎です。

床の高さ(中央の木の上が1階床)が土台(コンクリートの上にある木)より高いところにありますね。ここがポイントで土台と筋かいのメンテナンスが容易に可能です。長期優良住宅ではメンテナンスの容易さが重要ですね。

|

« 新潟の家 超断熱SSプランの家が上棟 情報収集で価値のある家造りを | トップページ | 新潟 住まい 自然素材「緑の家」のナチュナルガーデン計画 »

超高断熱、無暖房、パッシブ、Q1、気密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟の家 超断熱SSプランの家が上棟 情報収集で価値のある家造りを | トップページ | 新潟 住まい 自然素材「緑の家」のナチュナルガーデン計画 »