« デザインと安全性。せめて違法な階段撲滅。 | トップページ | 日食見ました。 »

2009年7月22日 (水)

新潟県での長期優良住宅申請の状況

長期優良住宅認定が始まってから1ヶ月を過ぎました。当社でもそろそろ提出しようと思い、技術検証をどの機関に出そうか下調べを開始しました。まず、新潟県では住宅の確認申請ではトップの(財)新潟県建築センターに現況をお聞きしました。すると、

w(゚o゚)w 

「まだ長期優良住宅」の技術検証取得は「0」です。申請は何件かありましたが、いずれも床剛性の計算の仕方が×で、耐震等級2をクリヤーできませんでした」との事(できなくて訂正して再び申請でなく、あきらめたのでしょうか?)。

(財)新潟県建築センターでは、長期優良住宅の元となった性能評価申請は既にある程度の件数は行っていますが、いづれも耐震評価は等級1だったとお聞きしました。どうりでべた基礎の計画や配筋が正しく行われていないはずですね。耐震等級1では、基礎のチェックは事実上ありませんから・・・。さてこれで地震に強い家と宣伝するのはほとんどいんちきでしょう。

三井ホームさんやアイフルホーム、スェーデンハウス、住友林業さん等や大手フランチャイズ系さんは、既に取得されていると思いますが、地場建設会社さんはまだほとんどなさそうです。なんとかオーブルデザインが一番のりになるとうれしいですが、後1週間ほど書類準備がかかりそうです。

|

« デザインと安全性。せめて違法な階段撲滅。 | トップページ | 日食見ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デザインと安全性。せめて違法な階段撲滅。 | トップページ | 日食見ました。 »