« 新潟の住まい 自然素材と耐雪2m、高気密高断熱の家 完成見学会 | トップページ | 新潟の住まい 自然素材の白い家 性能評価住宅 耐震等級2の完成見学会② »

2009年5月13日 (水)

新潟の住まい 自然素材の白い家 性能評価住宅 耐震等級2の完成見学会

_sdi5186 白壁に拘った家・・・。見学会行います。

日時 6月20日(土)21日(日)いずれも10時から17時

場所 三条市鬼木

外壁も真っ白。内壁も真っ白のシンプルな家。左官職人による、手塗りの壁の雰囲気を残すため、わざとこてムラを残す・・・。

店舗外装などはもっとこてムラを残している仕上げもあるが、これはだめ。数年建つとこてムラの上部出っ張りに、埃が付きとても見苦しい。この微妙な加減が住宅ではベスト!!写真でわかりますか?この感じ。真っ白に拘ったため、今回の外壁は中霧島壁や漆喰ではないけれど、充分吟味したもの。_sdi5229

下地も以前お伝えしたとおり、木で造るざら板の上に、モルタルを塗った本物志向(上写真)。

_sdi5234 この真っ白な壁を活かすため、この玄関アプローチはわざと窓なしの4mの大きい壁のみ。洋風建築は「壁」の存在感が命。その「壁」が職人の手による真っ白い左官壁、言うことなしですね。綺麗です。

_sdi5180 外観はこのような感じです。勾配のきつい屋根はシングル葺きで仕上げ、真っ白い塗り壁に上げ下げ窓(木の雨戸もこれから付きます)。この真っ白い壁を守るために屋根はある程度軒の出を確保。木の外壁の納屋を隣に計画。お隣さんの松の木が見えなければ、日本ではないような雰囲気の家。内部もこだわりぷんぷん。照明器具から扉の取っ手まで、建て主さんが捜し歩いて決めたもの。このご紹介とこの施工を行って頂いている高い技術力の常務さん率いる腕のよい職人集団「吉田建設=よしけん」さんのご紹介は次回のブログで。

|

« 新潟の住まい 自然素材と耐雪2m、高気密高断熱の家 完成見学会 | トップページ | 新潟の住まい 自然素材の白い家 性能評価住宅 耐震等級2の完成見学会② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟の住まい 自然素材と耐雪2m、高気密高断熱の家 完成見学会 | トップページ | 新潟の住まい 自然素材の白い家 性能評価住宅 耐震等級2の完成見学会② »