« 新潟の住まい 「緑の家」の 耐久性の順番は基礎→構造(断熱含)→屋根 | トップページ | 新潟の住まい 「緑の家」の 耐久性はバランスが重要 »

2009年5月16日 (土)

より一層精進します。

長期優良住宅先進的モデル事業に応援、又期待して頂いた皆様、誠に申し訳ありません落選でした。原因は当方の力不足です。心からお詫び申し上げます。

独立法人建築研究所(建研)より昨日発表がありました。いつも気にして(楽しみにして)この建研のホームページを最近は毎日のように見ており、当事務所に連絡メイルが来る前にわかりました。とても残念です。今までこのような補助金は、手ごたえがあると必ず当選するのですが手ごたえとその裏づけがあったにもかかわらず、採択されませんでした。裏づけは、4月の下旬頃、建研からメイルで追加資料の要請が2度ほどあったのです。だから「これはいける!!」と思ったのですが、よく考えて見ると最後「手違いだった」と謝罪メイルが来たのです。これが今考えて見ると少し違和感があります。(会社名を間違えているが、内容は提出内容の質問に合致・・・。〇△〇は伏せてあります。)ちなみに採択された事業はほとんどが大手メーカーか共同事業体でした。とても悔しい気持ちです。期待と応援してくださった皆様に心からお詫び申し上げます。

下は2度目の資料依頼メイル。一度目は資料送付済み。

****************

株式会社  〇△〇ニシア
浅間 秀樹 様


先日は、御社のご提案『環境配慮型・長期優良住宅先導的モデル事業』 について、
追加資料のご提出にご対応いただきありがとうございました。

ご提出いただいた資料についてですが、以下の指摘事項について、今一度以下の資料を追加してご提出いただきたく、宜しくお願い申し上げます。



・中古住宅の流通に役立つ新築時の情報は、どのように管理されるでしょうか。



短期間での作業ならびに重ねてのお願いとなり誠に恐縮ですが、ご回答はメールまたはFAXにて、 5月1日(金)正午までにお願い申し上げます。

***********************************************
 (独)建築研究所 長期優良住宅先導的モデル事業評価室
*********************************************** 


最後にきたメイル
*******************
有限会社オーブルデザイン 
浅間秀樹 様

先ほどはご連絡いただきありがとうございました。
4月28日の回答締め切りで追加資料を依頼した件につきましても、
当方のミスにより関係のない問い合わせ内容を浅間様宛に送付してしいたことが
わかりました。

期日内に資料をご提出いただきましたにも関わらず、
このような事態を招いてしまい、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。

今後はこのようなことが起こらないよう、気をつけてまいりたいと存じますので
何卒よろしくお願い申し上げます。


以上
********************************
(独)建築研究所
長期優良住宅先導的モデル事業評価室
********************************




----- Original Message ----- From: "オーブルデザイン浅間" <arbre@cocoa.ocn.ne.jp>
To: "評価室"
Sent: Monday, April 27, 2009 11:37 AM 
Subject: 再送 Re: 長期住宅質問【回答締め切り:4月28日】

評価室様

26日にお送りした添付ファイルの3ページ目が欠落しておりましたので
改めてお送りいたします。申しわけありませんでした。

----------------------------

この度はお問い合わせ頂きありがとうございます。
応募事業提案名「緑の家」長期同調型
の代表提案者の浅間秀樹です。

頂いたご質問の返答を「添付WORDファイル」でお送りいたします。
ご査収のほどよろしくお願いいたします。

新潟県三条市荒町2-2-21浅弘ビル3階
有限会社オーブルデザイン 0256-31-2250 
代表取締役 浅間秀樹 



評価室 さんは書きました:

株式会社〇△〇ニシア

浅間 秀樹 様

 この度は、平成21年度第1回長期優良住宅先導的モデル事業にご提案をいただ
きました。
 現在、応募提案の評価中でありますが、御社のご提案『環境配慮型・長期優良
住宅先導的モデル事業』
 について、以下の資料を追加してご提出いただきたく、宜しくお願い申し上げ
ます。

 
 ○ ①不同沈下した際の具体的なジャッキアップの方法をお示しください。
   ②基礎を頑丈にして住宅全体が重くなることによる、軟弱地盤上での沈下
の可能性についてどのように評価しているのか、
   具体的にお示しください。

 短期間での作業となり誠に恐縮ですが、ご回答はメールまたはFAXにて、4月28
日(火)昼12時までにお願い申し上げます。

***********************************************
 (独)建築研究所 長期優良住宅先導的モデル事業評価室
***********************************************








|

« 新潟の住まい 「緑の家」の 耐久性の順番は基礎→構造(断熱含)→屋根 | トップページ | 新潟の住まい 「緑の家」の 耐久性はバランスが重要 »

コメント

はじめてのコメントです。
温熱環境の記述はとても参考になります。勉強させていただいています。反面構造は・・・という印象で読ませていただいています。

余計なおせっかいですが
〇△〇は伏せてお書きになっているとの事ですが、最後まで読み進むと実名が出てきていますよ。

投稿: 雪上博人 | 2009年12月31日 (木) 08時08分

雪上博人様

お立ち寄り感謝します。また実名が消されていないとのご指摘ありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。
温熱環境のほうは専門分野なのでいろいろな方向から見た事を書く事ができると思いますが、構造はまだまだ精進が必要だと思ってます。

投稿: オーブル浅間 | 2010年1月 1日 (金) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟の住まい 「緑の家」の 耐久性の順番は基礎→構造(断熱含)→屋根 | トップページ | 新潟の住まい 「緑の家」の 耐久性はバランスが重要 »