« 新潟 木の家 木の外壁 自然素材はやっぱりそのままが良い④ | トップページ | 新潟の住まい 自然素材と木の構造を考える  »

2009年4月11日 (土)

新潟の住まい 性能表示 自然素材の家。

_sdi4823 三条栄地区で建設中の「緑の家 シェーカー風」が順調に施工されている。施工会社は栄地区一番の建設会社「住宅のよしけん」さんこと、吉田建設さんである。

シンプルであるが、素材や形、デザインを吟味した質実剛健米国版=シェーカー風である。

屋根にもこだわりがあり、アスファルトシングル葺きでケラバまで綺麗にシングルで納めるデザインで、日本の屋根ではないイメージを出している。見学会は6月20日21日に行われる予定。是非こだわりの内外装をご覧くださいませ!!

Sdim4815 ケラバとは、切妻屋根の斜め部分の面のこと。通常板金(金属)で仕上げるのであるが、見た目はアスファルトシングルそのままのほうが良い。

Sdim4814 アスファルトシングルは、コロニアル葺きにイメージが似ているが、手で曲がるほどやわらかい素材。だから雪下ろしに屋根に上がっても割れないので積雪地にも都合が良い。

|

« 新潟 木の家 木の外壁 自然素材はやっぱりそのままが良い④ | トップページ | 新潟の住まい 自然素材と木の構造を考える  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟 木の家 木の外壁 自然素材はやっぱりそのままが良い④ | トップページ | 新潟の住まい 自然素材と木の構造を考える  »